企業における一斉帰宅の抑制の取組事例の紹介(東洋テック株式会社)

更新日:平成30年1月9日

東洋テック株式会社

一斉帰宅抑制の取組内容

東洋テック株式会社の一斉帰宅抑制の取組写真 弊社では大規模災害時に備えてBCPマニュアルを策定しています。災害発生時には即座に災害対策本部を設置し、短期間で通常業務が復旧できる体制を整え、且つ帰宅困難者に対しては「従業員向け災害対策マニュアル」に基づき、安全が確保されるまでは従業員を会社内に留めておくなど、被災状況のレベルに応じて災害対策本部が従業員に指示を行います。
 また、弊社、本社内のコントロールセンターでは「24時間365日」警備先の異常をセンター員が常に監視するとともに、災害時に万全の警備体制にて対応する為、従業員用の防災備蓄品を備えています。
 その他、大阪市浪速区役所と地元町会が主催する防災訓練に共催として参画し、AEDの操作訓練を実施しました。この訓練では、地域の方々に災害時への危機意識を持っていただくなど、地域における自助・共助の取り組みも行っています。

会社概要

企業名  :東洋テック株式会社(外部サイトを別ウインドウで開きます)
所在地  :大阪府大阪市浪速区桜川1-7-18
事業内容:警備業

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室防災企画課 地域支援グループ

ここまで本文です。