建築物の環境配慮制度

更新日:平成29年7月24日

大阪府の建築物環境配慮制度のページ

制度届出届出様式等ラベリング公表
(結果とラベル)
おおさか環境に
やさしい建築賞
関連リンク

新着情報(更新日:平成29年7月24日)

平成29年度おおさか環境にやさしい建築賞の募集について 【受付は終了いたしました。】(平成29年7月24日更新)

「大阪府温暖化の防止等に関する条例」の改正に関する説明会を実施します。(平成29年7月18日更新)

大阪府温暖化の防止等に関する条例及び同施行規則を改正しました。(平成29年4月1日更新)

平成29年4月1日以降の建築物環境計画書の届出から、CASBEE評価ソフトのバージョンが変更になりました。(平成29年4月1日更新)

「大阪府温暖化の防止等に関する条例等の一部改正(案)」に対する府民意見等の募集結果を公表しました。(平成29年2月1日更新)

○平成28年4月1日から、環境省と大阪府が開発した「ヒートアイランド対策熱負荷計算モデル(効果対策シミュレーション)」による検討を、CASBEE-建築(新築)の「LR-3.2.2 熱環境悪化の改善」の「III 効果の確認 6)シミュレーション等による温熱環境悪化改善の効果の確認」の2(丸囲み数字の2)(2ポイント)に該当するものとして取り扱います。

○平成28年4月1日から、建築物環境計画書を届け出する際に「大気熱負荷計算書(※)」を添付した届出者(建築主)等に対して、環境農林水産部エネルギー政策課温暖化対策グループにおいて、効果的なヒートアイランド対策についてアドバイスを開始させていただいております。

 詳しくはこちらのホームページをご覧ください。 建築物環境計画書を届出する際の「大気熱負荷計算書」添付(任意)のお願い

 ※ 建物とその敷地がどれぐらいヒートアイランド現象の緩和に寄与しているのかを試算する計算書で、「ヒートアイランド対策熱負荷計算モデル」を使用して作成

制度の概要

大阪府では、建築物の新築や増改築の際に、地球温暖化やヒートアイランド現象をはじめとした様々な環境負荷の低減はもとより、居住環境や緑地の形成など建築物自体が持つ環境の質の向上も含め、建築主による総合的な環境配慮の取り組みを促進しています。

 本制度は、一定規模以上の建築物を新築または増改築する建築主の方(「特定建築主」といいます)に、環境配慮について適切な措置を講じていただくとともに、その内容について総合的な評価を行っていただいた結果を届け出ていただくものです。

 また、届け出ていただいた内容を公表したり、販売・賃貸などの広告の際に環境配慮の概要を示すことにより、建築物の環境配慮に対する府民や建物利用者の意識やニーズを高め、環境に配慮した建築物を広く普及させることを目指しています。

建築物環境計画書等の届出

 大阪府内(大阪市内及び堺市内を除く)で延べ面積2,000平方メートル以上の建築物(「特定建築物」といいます)の新築または増改築  するときに必要です。

 建築物環境計画書の届出時期は、工事着手の21日前までです。(既存建築物は随時)

 ○建築物環境計画書等の届出のページ

 ※大阪市内もしくは堺市内で建築物を新築や増改築する場合は、大阪市もしくは堺市に届出を行う必要があります。詳しくは各市にお問い合わせください。
  大阪市建築物総合環境評価制度のページ(外部サイト) 
  堺市建築物総合環境配慮制度のページ(外部サイト)

 建築物環境性能表示(ラベリング)制度

 特定建築物を新築・増築等する際の環境性能に関する情報を当該特定建築物を購入、賃貸しようとする人に提供する制度です。

 ○建築物環境性能表示(ラベリング)制度のページ

 届出概要の公表

 建築物の環境配慮の評価結果など届出概要を公表することにより、建築主による一層の環境配慮の取り組みと府民や建物利用者の意識の向上を促進しています。

 ○届出概要の公表ページ
 ○Sランク評価建築物の紹介ページ

おおさか環境にやさしい建築賞

 大阪府では、地球温暖化やヒートアイランド現象防止など、環境配慮の模範となる建築物を表彰することにより、環境に配慮した建築物の普及促進及び府民の意識啓発を図っています。

 ○おおさか環境にやさしい建築賞

届出、問合せ窓口 

住宅まちづくり部建築指導室審査指導課建築環境・設備グループ
電話番号 06-6210-9725  ファクシミリ番号 06-6210-9719
E-mail:kenchikushido-g07@sbox.pref.osaka.lg.jp

関連リンク

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課 建築環境・設備グループ

ここまで本文です。