大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターによる新型コロナウイルス感染症患者への研究協力について

更新日:令和2年8月5日

 
 大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターによる新型コロナウイルス感染症患者に関する研究について、これまでも大阪府・大阪市において研究協力を行ってきておりましたが、このたび、研究結果が取りまとめられるとともに、引き続き協力を行っていくこととなりました。
 大阪はびきの医療センターによる研究概要及び府・市による研究協力の内容について、大阪府知事・大阪市長・大阪府立病院機構大阪はびきの医療センターによる共同記者会見を以下のとおり開催いたしましたので、お知らせします。

 (1)日時
    令和2年8月4日(火曜日)14時00分から

 (2)場所
    大阪府庁 大阪府公館 大サロン(大阪市中央区大手前二丁目1−46)

 (3)出席者   
    大阪府 知事 吉村 洋文
    大阪市 市長 松井 一郎
    地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター 院長 山口 誓司
                         同    次世代創薬創生センター長 松山 晃文

 (4)会見資料
   ・説明資料 [その他のファイル/375KB][PDFファイル/222KB]
   ・(参考)はびきの医療センター発表資料[Wordファイル/107KB][PDFファイル/187KB]

  ◆ポビドンヨードうがい薬には、新型コロナウイルス感染症の予防効果が立証されているわけではありません。
  ◆うがい薬の使用に当たっては、医師の指示や製品の使用上の注意事項を守ってお使いください。
   ※うがい薬以外のポビドンヨード消毒剤等をうがいに使うことは絶対にしないでください。      
  ◆必要な方に行き渡るよう買い占め等はおやめください。
   ※メーカーにおいては順次出荷等を行っています。
  ◆転売等は法律で禁止されています。
 

 <研究概要に関する問い合わせ先>
地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター 事務局(総務・人事グループ)
電話番号:072(957)2121

このページの作成所属
健康医療部 健康医療総務課 企画グループ

ここまで本文です。