ガイドブックの目次(1.はじめに)

更新日:平成21年8月5日

1.はじめに

  • 大阪府では、障がい者の地域生活を推進する観点から、平成16年度より「障がい者地域医療ネットワーク推進事業」に取り組んでいます。この事業は、障がい者の方が身近な地域で安心して医療を受けられる仕組みづくりを検討して、障がい者地域医療ネットワークシステムの整備を図ることを目的としています。
  • その事業の一つとして、コミュニケーションに障がいのある方に対する医療(一般診療の範疇)において、障がいの状況に応じたケアや配慮が必要な障がい者地域医療の普及啓発を図ることとしており、このために「障がい者地域医療普及・啓発等専門部会」を設置し、具体的な支援方策を検討しています。
  • 本ガイドブックは、各障がい別に障がい者関係団体において執筆いただくとともに、障がい者地域医療普及・啓発等専門部会等での検討を踏まえて、作成しました。
  • 障がいの種類は多様で程度もさまざまです。本ガイドブックでは、障がい者地域医療普及・啓発等専門部会で検討をしていただいている障がいを取り上げていますが、実際の対応においては個々の場面に応じた工夫や柔軟な対応が求められます。
  • 障がい者の方が身近な地域の医療機関をはじめとして、安心して医療機関を受診していただけるように、医療機関や福祉、保健関係機関において、本ガイドブックを役立てていただきたいと考えております。
  • 本ガイドブックは、ご活用いただいた皆様方のご意見を踏まえ、必要に応じ改訂をしていきたいと考えております。
上に戻る

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室地域生活支援課 地域生活推進グループ

ここまで本文です。