貸します詐欺(融資保証金詐欺)について

更新日:平成26年1月22日

●『貸します詐欺』とは・・・

 登録業者を装ってダイレクトメールやファックスで勧誘を行います。
 勧誘の案内には登録番号・商号・代表者氏名・所在地は正規の登録業者のものと同じように書かれていますが、連絡先電話番号が悪質業者につながるように変えられていたりします。

貸します詐欺の手口

 ・電話などで申込みをすると、まず、申込者の住所、氏名、借り入れ希望金額、業種などの基本情報を聞かれます。
 ・次に、保証料や審査・書類作成費用など様々な名目でお金を求めてきます。
 ・その方法も振込だけでなく、郵便切手や収入印紙の郵送、代引きを利用した方法などがあります。
 ・言われるままに支払いを済ませると、「手続が完了したので、4日後に入金します。」等の連絡があります。
 ・約束の日になっても入金されず、電話で確認しようとすると、その電話が既に使われていなかったり、違う名目で、さらに金銭を要求される場合もあります。

●被害に遭わないために

 まず、上記のような詐欺業者であるかどうか確認するため、業者情報について確認をしましょう。
 確認するには勧誘案内に書かれた業者登録のある監督官庁へお問合せください。
 この被害は全国的に広がっており、正規の業者のホームページなどでも注意を呼びかけています。
 絶対に被害に遭わないように注意してください。

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室金融課 貸金業対策グループ

ここまで本文です。