条例・計画・要綱 【地盤・土壌】

更新日:平成28年12月1日

環境全般

大気

地盤・土壌

騒音・振動

化学物質

自動車・交通

廃棄物・リサイクル

エネルギー・地球環境

自然環境

環境アセスメント

その他

上のメニューをクリックすると、該当する分野の条例等が表示されます。

制定・改正情報はこちら

土壌汚染対策法関係

土壌汚染対策法施行令施行規則 (e-Govにリンク)

 

 

内容確認・改正情報

制定年月日

例規種別番号

 

 大阪府行政手続条例に基づく大阪府汚染土壌処理業の許可の申請に関する指導指針[Wordファイル/130KB]

内容現在
平成27年6月

平成21年10月23日

告示 第1604号

工業用水法関係

工業用水法施行令施行規則 (e-Govにリンク)

建築物用地下水の採取の規制に関する法律関係

建築物用地下水の採取の規制に関する法律施行令施行規則 (e-Govにリンク)

水質汚濁防止法関係

水質汚濁防止法施行令施行規則 (e-Govにリンク)

大阪府生活環境の保全等に関する条例関係

 

 

内容確認・改正情報

制定年月日

例規種別番号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例

改正情報 内容現在
平成27年6月

平成6年03月23日

条例 第6号

 

 大阪府土壌汚染に係る自主調査及び自主措置の実施に関する指針 
  [PDFファイル/19KB]

内容現在
平成27年6月

平成22年11月30日

告示 第1922号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則

改正情報 内容現在
平成27年6月 

平成6年10月26日

規則 第81号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の8第2項第1号及び第2号の規定による土壌ガス調査に係る採取及び測定の方法

内容現在
平成27年6月

平成15年09月26日

公告 第124号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の8第2項第2号の規定による地下水に含まれる調査対象物質の量の測定の方法

内容現在 
平成27年6月

平成15年09月26日

公告 第125号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の8第3項第4号の規定による土壌溶出量調査に係る測定の方法

内容現在 
平成27年6月

平成15年09月26日

公告 第126号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の8第4項第2号の規定による特定有害物質土壌含有量調査に係る測定の方法

内容現在 
平成27年6月

平成15年09月26日

公告 第127号

例規

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の8第5項第4号の規定によるダイオキシン類土壌含有量調査に係る測定の方法

内容現在 
平成27年6月

平成15年09月26日

公告 第128号

 

 大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則第48条の46第2号の規定による要措置管理区域内における土地の形質の変更の禁止の例外となる行為及び要届出管理区域内における土地の形質の変更の届出を要しない行為の施行方法の基準 [PDFファイル/6KB]

内容現在
平成27年6月

平成22年04月08日

公告 第38号

大阪府土砂埋立て等の規制に関する条例関係

 

 

内容確認・改正情報

制定年月日

例規種別番号

 例規

 大阪府土砂埋立て等の規制に関する条例

 内容現在
平成27年6月

平成26年12月26日

条例 第177号

例規

 大阪府土砂埋立て等の規制に関する条例施行規則

 内容現在
平成27年6月

平成27年04月03日

規則 第81号

例規

 大阪府土砂埋立て等の規制に関する条例の施行期日を定める規則

 内容現在
平成27年6月

平成27年04月03日

規則 第80号

その他

 

 

内容確認・改正情報

制定年月日

例規種別番号

 

 大阪府地下水質保全対策要領 [Wordファイル/57KB]

内容現在
平成27年6月

 

 


例規がついているものは、 大阪府例規集のページにリンクしており、平成27年11月2日時点の内容です。 改正情報がついている項目は、平成26年12月1日から平成27年6月30日の間に改正されたもので、クリックするとその内容をごらんいただけます。改正履歴は例規集ページの左側上、“沿革”をクリックして沿革情報にて確認していただけます。内容現在の下の日付は、内容の最終確認日を示しています。

このページにない条例・規則については、「大阪府例規集のページ」をご覧下さい。

ページトップへ


このページの作成所属
環境農林水産部 環境農林水産総務課 企画グループ

ここまで本文です。