府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

学校の交流会について

府民の声

今月下旬の〇〇市立□□小学校と△△との交流会の案内の記事を見ました。
交流なのに、なぜか「◇◇」だけ合唱するらしいです。日本には「ふるさと」という素敵な曲があります。これは何故歌わないのか疑問に思いました。
そして思いました。もちろん、文化交流も良いでしょう。しかし、拉致事件の事も勉強されてるのかと。大阪府として、どうされてますか?もし、取り入れているなら良いですが、していないなら根本的な交流にはならないと思いました。
日本人拉致問題啓発アニメ『めぐみ』があります。拉致問題対策本部のホームページからもダウンロード出来ますが、全国のレンタルビデオ店でも借りられます。
これを是非、教育の場で使っていただきこれも取り入れていただきたいです。
よろしくお願いします。
回答をお待ちしております。

府の考え方

 交流会についての貴重なご意見、ありがとうございます。
 拉致問題につきましては、解決に向けて努めなければならない重大な問題であり、学校においても、子どもたちがこの問題について知ることが大切だと考えています。
 市町村に対しては、学習指導要領をふまえ児童生徒の発達段階に応じ、拉致問題について指導するよう指導助言するとともに、アニメ「めぐみ」を全校に配付し、その活用についても周知をおこなっています。
 今後も引き続き、市町村に対し働きかけていきます。

(2018年11月22日連絡)

所管課

教育庁 市町村教育室小中学校課

カテゴリー

教育・学校・青少年

回答種別

回答したもの

受付日

2018年11月20日

公表日

2018年12月21日


ここまで本文です。