府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

障がい者施策に関するもの

府民の声

私は脳性まひの障がい者で、歩くことはできません。上肢にも重い障がいがあり、日常何一つ満足にできることはなく、全面介助が必要で、言語障がいもあり、全く喋ることはできません。
改正障害者総合支援法が2018年4月から完全施行され、重度障がい者の病院内のヘルパー利用が解禁されるという記事を数年前読みました。今まで入院のたび余儀なく強いられてきた不自由な入院生活もいくらか改善されると思い、喜んでいました。ところが、○○市に問い合わせてみますと、色々と制限があってヘルパー利用は不可能とわかり、がっかりしました。
「病院は完全看護で、重度障がい者の介助ぐらいできるだろう」とおっしゃるかもしれません。しかし病院の多くは元々重度障がい者の入院を想定しておらず、あくまでも入院患者は健常者で、一時的にできなくなったところだけを手助けするのが、大半の病院で想定される介助だからではないでしょうか。常時受けている重度障がい者の介助とは違うのです。
私の場合、ナースコールすら押せません。押せたとしても言語障がいがあって親さえも時々意思疎通が取れなくなることがあります。初対面の看護師や看護助手は容易に意思疎通が取れないと思いますし、言語障がいを持った一人の入院患者と意思疎通が取れるだけの十分な時間があるのでしょうか。
私は普段自分の介助に慣れているヘルパーを利用したいです。重度障がい者が入院になっても少しでも不自由のない入院生活が送れるようにご配慮をいただきたいです。

府の考え方

 ご指摘の重度障がい者のヘルパー利用の解禁については、入院中の重度訪問介護の利用のことかと思われます。これは、障がい支援区分6の利用者に対して、病院等への入院中にコミュニケーション支援等を提供可能となったものです。重度訪問介護の支給決定を受けているとしても、支援対象については、支給決定の実施主体と相談して頂くようお願い申し上げます。

(2018年12月04日連絡)

所管課

福祉部 障がい福祉室障がい福祉企画課

カテゴリー

福祉・子育て

回答種別

回答したもの

受付日

2018年11月30日

公表日

2018年12月14日


ここまで本文です。