府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

職員対応に関するもの

府民の声

2018年6月中旬で「府政へのご意見入力フォーム」を通じて意見を寄せ回答を求めたが、1ヶ月経過した状況でも大阪府から回答がまったくないため、2018年7月下旬に案件の担当部署である建築指導室審査指導課に電話で問い合わせを行った。
その結果、府民の声を所管する府政情報室が私の意見を受け付けた際に、回答必須のフラグを立てることなく、内容を案件の担当部署である建築指導室審査指導課に伝達していたことが明らかとなった。また、府民の声を所管する府政情報室と建築指導室審査指導課との間で「言った。言っていない。」の水掛け論が発生し、そうした前代未聞のゴタゴタと部署間の連携不足、それに極めて杜撰な事務処理などが原因で回答を求めている府民に対する大阪府の回答がまったく作成されないというとんでもない不祥事が判明した。まさに言語道断だ。
1、今後の再発防止策として、府政に関する意見等を寄せた者が連絡先と回答を求める旨を示しているものについては、いかなる場合も、申し出者に必ず回答することを大阪府全体の統一したルールとして明文化せよ。
2、私が2018年6月中旬で寄せた意見について、府民の声を所管する府政情報室が回答必須のフラグを立てずに担当課へ伝達した理由を具体的に詳しく説明せよ。
3、今回の不祥事については、関係法令などに基づき職員に対する懲戒処分の実施を求める。
※1〜3については、個別の説明・回答を要望する。メールによる回答を求める。

府の考え方

 このたびは、府政へご意見をいただき、ありがとうございます。
 2018年8月下旬に投稿いただきましたご意見、2018年7月下旬付けで郵送いただいたご意見(府政へのご意見の回答について)は、大阪府に届いております。
 大変遅くなって恐縮ですが、2018年7月下旬にいただきましたご指摘について、ご回答いたします。この間、事実確認、関係部局への確認等で遅くなりましたことを、深くお詫び申し上げます。

(府民の声に係る処理等について) 
 ○大阪府には日々、府政運営に役立てるべき貴重な提言・要望・意見等が寄せられておりますが、広く受け付けたご意見等を府の業務改善等を進めるための参考とさせていただき、府政への反映を検討するとともに、いただいたご意見や施策の内容等をわかりやすく府民に伝え、府政への理解・協力を深めていただくことを目的として、「府民の声の見える化」を実施しています。
 「府民の見える化」では、
 ・府民の方からのご意見等につきましては、「府民の声システム」に登録し、府政情報室で集約後、ご意見の内容を所管する所属に伝達する
 ・「府民の声」伝達を受けた所属等(庁内各部局室課や他行政機関)は、ご意見の内容を踏まえ業務改善、施策反映等の検討、個別事案の詳細な調査等を行う
 ・「府民の声」に対する回答につきましては、伝達を受けた所属等が必要に応じて判断したものを、ご意見をいただいた府民の方へメール等により、直接回答する
こととしています。
 ○一方、伝達フラグについては、
 ・いただいたご意見等を所属等へ伝達する際、業務改善や施策反映へつなげるよう検討するべきものや、施策として説明が必要なものは、府政情報室が区分してフラグを立て、関係所属に伝達する
 ・6月下旬にいただいたご意見等は、関係する所属(建築指導室審査指導課が所管)の対応するべきものとして、審査指導課が説明あるいは回答するべきものと判断し、府政情報室からはフラグなしでの伝達
したものです。

 以上の経緯から、いただきました「職員に対する懲戒処分」のご意見につきましては、府政情報室としては適切な事務処理を行っており、不祥事とは考えておりませんので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(2018年08月28日連絡)

所管課

府民文化部 府政情報室広報広聴課

カテゴリー

府政運営・市町村

回答種別

回答したもの

受付日

2018年7月25日

公表日

2018年9月7日


ここまで本文です。