府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

職員対応について

府民の声

2018年6月下旬、大阪府ホームページの「府政へのご意見」入力フォームを利用した形で「ブロック塀にかかる法規の内容」について問い合わせをさせていただきました。その後、「大阪府建築指導室審査指導課」より「ご質問内容につきまして、もう少し詳細に確認させていただきたいと思っておりますので、大変申し訳ございませんが、お電話番号を教えていただけませんでしょうか。又は下記に記載しております電話番号までご連絡いただければと思っております。」との電子メールをいただいたため、直ちに記載されていた電話番号に電話をかけましたが、なかなかつながらず、10回ほど試みたところでようやくつながりました。そして、電話に出た職員に対して事情を伝えたところ、当該職員は案件の担当者ではなかったためか何も承知されていませんでした。当該職員より「電子メールに担当者の名前は記載されていないか?」という趣旨の発言があり、いただいた電子メールを確認したところ、部署名と電話番号は記載されていましたが、担当者の名前は記載されておりませんでした。当該職員に対し、「問い合わせの件については、地元自治体のホームページに詳細が掲載されており、私の知りたい内容を確認できたため、大阪府の回答は無用である。」旨を伝達しましたが、このような場合は、電子メールに担当者の名前を明記するのが常識ではないでしょうか。「質問の内容について詳細を確認したいので電話連絡せよ」という大阪府からの電子メールをいただいた直後に担当課へ電話をしたにもかかわらず、電話がなかなかつながらない、担当者の名前が記載されていない、電話に出た職員は何も知らず職員間で情報共有がきちんと行われていないなど、あまりにも杜撰で失礼極まりないものと言わざるを得ません。本件について回答を求めます。

府の考え方

 回答が遅れまして、申し訳ありません。
 メールを返信させていただきました日は、ブロック塀に係る電話相談件数が多く、電話がふさがっている状態であり、電話が繋がりにくく、ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
 また、電子メール及びFAXを送信する際には、送信元に部署名・電話番号に加え、担当者の名前を明記すること及び情報共有についても徹底するよう課員全員に周知をおこないました。

(2018年07月24日連絡)

所管課

住宅まちづくり部 建築指導室審査指導課

カテゴリー

府政運営・市町村

回答種別

回答したもの

受付日

2018年6月25日

公表日

2018年8月3日


ここまで本文です。