府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

神崎川畔春まつりについて

府民の声

 4月中旬公表の府民の声の府の考え方において、神崎川畔春まつりで府の職員がレトルト食品を社名入りで配っていたことにつて、宣伝の意図はないと言われてますが、実質的には包括連携協定を結んでいない特定メーカーを、府職員を使って宣伝していたことになりませんか?
 防災訓練とは表示していなかったし、企業団のお祭りですよね。
 一緒に祭りに行った人達は、大阪府は□□から宣伝費を貰ってるんとちゃうか?
とも言っていました。
 私達の税金を使って、一企業の食品だけを配るのは、コンプライアンスに反すると思います!
大阪府庁法務課はいいと思ってるんですか?
それとも機能していないんですか?

府の考え方

 前回頂いた府民の声に回答させていただきましたとおり、当該非常食は府民の皆様の防災意識を高めるために、来場された方々にその趣旨をご説明の上、配布しているものであり、特定メーカーを宣伝するものではございません。

(平成30年5月28日連絡)

所管課

都市整備部 西大阪治水事務所

カテゴリー

防災・安全・危機管理

回答種別

回答したもの

受付日

2018年4月26日

公表日

2018年6月8日


ここまで本文です。