府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

神崎川畔春まつりについて

府民の声

神崎川畔春まつりで、行列が出来ていたので、何かと思って見てみると、大阪府が一民間企業である○○の食品を無料で配っていました。
他にもレトルト食品は沢山あるのに、どうして○○だけなんでしょうか。
地方公共団体である大阪府が、一民間企業の商品を、職員を使って宣伝すると言うのは、コンプライアンスに抵触すると思います。

府の考え方

このたびは、貴重なご意見ありがとうございます。
ご指摘の神崎川畔春まつりにおいて、大阪府では、「防災啓発」を目的としたブースを設置し、災害時の備えの必要性を広く周知することとし、その一環として、お湯や水を入れると簡単に食すことができる非常食を用いた炊き出し訓練を実施したところです。
具体的には、災害時のために備蓄している非常食で、賞味期限の近いもの(平成30年8月までのもの)を府の他の関係機関から提供を受け、当日は府職員がお湯を入れて、まつりに来られた府民に試食してもらう形で実施しました。
当該非常食につきましては、個装されており、メーカー名の記載はありますが、お示しのような特定のメーカーの宣伝をする意図はありません。
必要であれば、詳しく説明させていただきますので、西大阪治水事務所窓口までお越しください。

(連絡先不明のため、本欄をもって回答)

所管課

都市整備部 西大阪治水事務所

カテゴリー

防災・安全・危機管理

回答種別

回答したもの

受付日

2018年4月9日

公表日

2018年4月20日


ここまで本文です。