拉致問題を考える国民の集いin大阪

更新日:平成31年3月8日

1月26日(土曜日)、「拉致問題を考える国民の集いin大阪」を実施しました!

 北朝鮮による拉致問題は拉致された方やそのご家族の人権を踏みにじる重大な人権侵害であり、到底許されるものではありません。拉致問題は、我が国の喫緊の課題であり、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、解決に向けては、この問題についての世論を喚起していくことが大切です。
 このたび、大阪府では政府拉致問題対策本部、大阪市、府内全市町村と共催して、拉致問題に関する理解と認識を深めるために、「拉致問題を考える国民の集いin大阪」を開催しました。
 拉致被害者等御家族の方々をお招きし、その思い、訴えをお聞きするとともに、支援団体代表による講演、ミニコンサートを実施し、共に拉致問題への思いを強くし、拉致問題の解決に向けたメッセージを発信しました。
 

集いポスター
国民の集いチラシ [PDFファイル/1.24MB]

【日時】平成31年1月26日(土曜日) 14時00分から16時00分(開場 13時15分)

【場所】エル・おおさか(エル・シアター)  大阪市中央区北浜東3−14

【主催】政府拉致問題対策本部、大阪府、大阪市、府内全市町村

【プログラム】
 主催者あいさつ
  内閣官房長官兼拉致問題担当大臣
  大阪府知事
  大阪市長
 拉致被害者等御家族の訴え
  横田 拓也 氏(横田めぐみさんの弟)
  飯塚 耕一郎 氏(田口八重子さんの長男)
  福山 はるみ 氏(福山ちあきさんの母) 
 講演
  藤田 隆司 氏(特定失踪者家族会副会長)
 ミニコンサート
  山口 采希

【来場者数】約600名

【問い合わせ先】

 大阪市市民局ダイバーシティ推進室人権企画課 06−6208−7619

 また、大阪府府民文化部人権局人権企画課 06−6210−9280でもお問い合わせに対応いたします。

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 企画グループ

ここまで本文です。