介護人材確保・職場定着支援事業

更新日:平成30年11月19日

大阪府では、介護・福祉人材を取り巻く厳しい状況に的確に対応し、人材確保を図っていくため、平成29年11月に「大阪府介護・福祉人材確保戦略」を策定しました。

大阪府社会福祉審議会 介護・福祉人材確保等検討専門部会報告書 「大阪府介護・福祉人材確保戦略」

 ◆戦略に示された対応の方向性を着実に進めるため、「地域医療介護総合確保基金」を活用し、下記のとおり「介護人材確保・職場定着支援事業」を実施します。 

介護人材確保・職場定着支援事業

  ○マッチング力の向上事業

  ○参入促進・魅力発信事業

  ○「介護福祉士になろう!」推進プロジェクト事業

  ○介護の研修×おしごとチャレンジ事業

  ○介護入門者研修(『介護助手』の育成)事業

  ○代替職員確保による実務者研修支援事業

  ○職員の資質向上及び職場定着支援事業

11月11日 (いい日、いい日) は 「介護の日」

 11月11日 (いい日、いい日) は 「介護の日」(外部サイト)

 厚生労働省において、「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障がい者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日として「11月11日」を「介護の日」と定めています。

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室福祉人材・法人指導課 人材確保グループ

ここまで本文です。