柔整療養費について

更新日:平成28年1月5日

受領委任制度のしくみ

   療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、患者(被保険者)自ら保険者へ請求し支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が一部負担金を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」の制度概要を説明します。

柔整Q&A

   柔道整復施術にかかる療養費に関して、よくある問合せとその答えをまとめたものです。

領収証

   柔道整復施術所は、施術にかかる療養費の一部負担金等の費用の支払を受けるときは、領収証(保険分合計及び一部負担金並びに保険外の金額内訳が分かるもの)を無償で交付しなければなりません。領収証(参考様式)はこちら [PDFファイル/28KB]をご覧ください。

柔道整復施術療養費適正化検討会議

 柔整療養費の適正化に向けた取組みは喫緊の課題であり、府内保険者すべての継続した取組みとするため、現行制度の課題等について分析の上、「大阪府と保険者が直ちに取り組める方策」や平成30年度からの国保制度改革も踏まえながら「柔整療養費の制度改善の必要性」等について検討を行ったものです。

リンク集

   近畿厚生局ホームページ

       柔道整復師の方へ      不正請求等が行われた場合の取扱いについて

   保健医療室保健医療企画課ホームページ

    あん摩マッサージ、指圧、はり、きゅう、柔道整復を受けられる方へのご注意

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室指導監査課 医療指導グループ

ここまで本文です。