令和元年度 公益通報の状況

更新日:令和2年7月17日

1. 外部の労働者(民間事業者の従業員)からの通報

(1)通報件数について(平成31年4月1日から令和2年3月31日)

      4件

(2)通報受理状況について(令和2年3月31日現在)

受理した件数  

受理しなかった件数

受理、不受理を検討中の件数

合計

2.内部の職員(大阪府職員等)からの通報

(1)通報件数について(平成31年4月1日から令和2年3月31日)

   25件(4件)

()内は外部窓口(弁護士)に通報があった件数で内数 

(2)通報受理状況について(令和2年3月31日現在)

受理した件数  

受理しなかった件数

受理、不受理を検討中の件数

合計

11(2)

6(1)

8(1)

25(4)

()内は外部窓口(弁護士)に通報があった件数で内数

(3) 受理した通報のうち、調査が終了した通報の概要について(令和2年3月31日現在)

  

受付窓口    

通報内容

調査結果等

法務課     職員が、審議会に虚偽の報告を行ったこと及び報告書の作成にあたり関係職員が虚偽の報告をしたことについて調査の結果、通報に記載のあった事実は確認できなかった。
法務課職員が、パワハラ行為を行っていたことについて           調査の結果、法令違反行為は確認されなかった。

法務課職員が、勤務時間中に漫画を読んでいたことについて調査の結果、通報の事実が確認できたことから、所属長から当該職員に対し、注意を行った。
法務課   職員の宅発出張などの勤務態様が不適切であることについて調査の結果、適切とは言えないものも見受けられたことから、上司から指導を行った。
法務課      府立学校の教職員が、生徒に対し不適切な対応や発言をしたことについて

調査の結果、法令違反行為は確認されなかったが、発言に注意するなどより丁寧な対応をしていくよう、所属長から指導を行った。

法務課          法務課長が公益通報を受理しなかったことは大阪府職員等のコンプライアンスの推進に関する要綱第12条第2項に違反すること及び今後も同様の運用が実施されれば、地方自治法第150条の規定に違反するおそれもあることについて総務部長による調査の結果、法令違反行為等は確認されなかった。

3.府民の方等からの通報 ※平成28年4月1日より、府民の方等からの通報の窓口は法務課

(1)通報件数について(平成31年4月1日から令和2年3月31日)

      17

(2)通報受理状況について(令和2年3月31日現在)

受理した件数  

受理しなかった件数

受理、不受理を検討中の件数

合計

17


(3) 受理した通報のうち、調査が終了した通報の概要について(令和2年3月31日現在)

  

通報内容

調査結果等

統計調査において不正を行った者に対して告訴・告発を行っていないことについて    

調査の結果、法令違反行為は確認されなかった。

このページの作成所属
総務部 法務課 訟務・コンプライアンス推進グループ

ここまで本文です。