温暖化「適応」の普及に向けた学習会(適応塾)

更新日:令和元年10月3日

 大阪府では、地球温暖化に伴う気候変動による影響への「適応」(※)について、環境NPO・地球温暖化防止活動推進員・市町村職員等、環境活動をされている方を対象に「適応塾」を開催しました。
 多くの方にご参加をいただき、地域での気候変動による影響や「適応」の普及啓発手法を学び、ワークショップで意見交換を行いました。

 ご参加いただいた皆様、適応塾で共有いただいたことを踏まえ、日々の活動に「適応」の視点を取り入れていただけますと幸いです!

※気候変動の影響への「適応」とは
  気候変動の影響による被害を回避又は和らげること。もしくは気候変動の影響を有益な機会として活かすこと。  
 

■第1回 北摂編 「教えてカマキリ先生」 カマキリくんの困りごと

●日時  令和元年8月27日(火曜日) 19時00分から21時00分

●場所  ラコルタ 会議室2・3
       (吹田市津雲台1-2-1 千里ニュータウンプラザ6階)

●内容  「教えてカマキリ先生 カマキリくんの困りごと」
      講師:昆虫科学研究センターISRC代表 農学博士 気象予報士 渡部 宏 氏

      「ミウラ折りをやってみよう」
      講師:昆虫科学教育館 館長 久留飛 克明 氏

      「温暖化適応について、自分ごととし、気づきを見つけ、行動に移すワークショップ」
      ファシリテーター:NPO法人すいた市民環境会議

○当日の様子

講義の様子ミウラ折りワークショップ
渡部氏から自然生態系をテーマに昆虫に現れていると考えられる気候変動の影響を学びました。久留飛氏と一緒にフィールドワーク等で活用できる「ミウラ折り」を体験しました。

ワークショップにおいて身近な気候変動の影響における気づきについて意見交換しました。

 
■第2回 南河内編 「なにわの伝統野菜にも影響が?!」 温暖化と農作物や私たちの生活のかかわり

●日時  令和元年9月12日(木曜日) 13時00分から15時30分

●場所  道の駅かなん 2階会議室
       (南河内郡河南町神山523-1)

●内容  「温暖化と農作物や私たちの生活のかかわりについて」
      講師:大阪府立環境農林水産総合研究所 環境研究部 技術支援グループ 主任研究員 高井 雄一郎 氏

      「『紙芝居』で伝えてみよう」
      ファシリテーター:紙芝居師 ふじい はじめ 氏

○当日の様子

講義の様子紙芝居ワークショップ
高井氏から農業をテーマに農作物に現れていると考えられる気候変動の影響を学びました。ふじい氏から紙芝居での効果的な普及啓発方法を学びました。

ワークショップにおいて、各グループで「適応」をテーマに紙芝居を作り、発表しました。



■第3回 中部編 「都市生活のリスク『熱中症』や『災害』に備えよう」

●日時  令和元年9月18日(水曜日) 13時30分から16時00分

●場所  エル・おおさか 7階 701号室
       (大阪市中央区北浜東3-14)

●内容  「都市生活における温暖化の影響とその適応について」
      講師:大阪管区気象台 地球環境・海洋課 地球温暖化情報官 楠田 雅紀 氏

      「クイズで考える『災害への備え』」
      ファシリテーター:紙芝居師 ふじい はじめ 氏

 ○当日の様子

講義の様子クイズワークショップ
楠田氏から都市生活をテーマに熱中症や短時間豪雨等のリスクについて学びました。ふじい氏とともに災害への備えについて各グループでクイズに挑戦しました。

講義の内容やクイズでの気づきをグループで意見交換しました。


■第4回 泉州編 「自然災害に備えよう」 いざというときへの備えやシュミレーション

●日時  令和元年9月29日(日曜日) 10時00分から12時00分

●場所  堺市総合福祉会館 第3会議室
       (堺市堺区南瓦町2-1)

●内容  「沿岸域における温暖化の影響とその適応について」
      講師:大阪管区気象台 気象防災部 気候変動・海洋情報調整官 根本 和宏 氏

      「新聞紙スリッパを作ってみよう」
      講師:NPO法人エコサイクルネットワーク

      「そのとき、あなたはどうしますか?」
      ファシリテーター:公益財団法人公害地域再生センター 防災教育担当 谷内 久美子 氏

○当日の様子

講義の様子新聞紙スリッパをつくろう災害シュミレーション
根本氏から自然災害・沿岸域をテーマに台風や短時間豪雨等のリスクについて学びました。NPO法人エコサイクルネットワークさんとともに、いざという時に活用できる新聞紙スリッパを作りました。

谷内氏とともにいざ災害が起こった時にどうするか、シュミレーションをし、グループで意見交換しました。


■対象  環境NPOに所属する方、大阪府地球温暖化防止活動推進員、市町村職員、その他環境活動をされている方など


■主催  大阪府

■企画・運営  特定非営利活動法人イー・ビーイング

■チラシはこちら [PDFファイル/2.27MB]

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 温暖化対策グループ

ここまで本文です。