図書館資源を活用した困難地域等における読書・学習機会提供事業

更新日:平成31年3月18日

 
 大阪府教育委員会では、どのような時にあっても、すべての子どもに本を楽しむ機会をもって欲しいという思いで、文部科学省委託事業「図書館資源を活用した困難地域等における読書・学習機会提供事業」を活用し、保護者や子どもに関わる活動をされている方を対象としたブックリストの編纂やブックレットの作成、支援者向け研修の実施を行いました。
 

ブックリスト 「-すべての子どもに読書の機会を- 読んで楽しい本・元気がでる本」

ブックリストの表紙画像
   
すべての子どもに本を楽しむ機会をもって欲しいという思いで、
 
保護者や子どもに関わる活動をされている方を対象にブックリストを作りました。
 
子どもが一人で読んだり、大人が子どもの関心や成長に応じて1対1で読んだり、
 
また大人が年齢や本の好みがさまざまな子どもたちに読んでも一緒に楽しめる本や、
 
子どもが困難な状況を抱えている、自信を失っていると思われる時などに、
 
子どもの状況に応じて薦めていただけるような本をテーマごとに紹介しています。
 
 ブックリスト「-すべての子どもに読書の機会を- 読んで楽しい本・元気がでる本」紹介ページ(別ウインドウで開きます)
 
◇ブックリストに掲載している本は、大阪府立中央図書館の特別貸出用図書セットの中で、「読書活動支援セット」として、貸し出しを行っています。
(大阪府立中央図書館ホームページ「特別貸出図書セットについてのご案内」
https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/school-tset.html

保護者向けブックレット 「子どもと一緒に本を読もう」

保護者向けブックレットの表紙画像です 

 「読書は子どもにとってどんな影響がある?」、「どんな本を読めばいい?」を紹介したブックレットです。
 
 ブックレット「子どもと一緒に本を読もう」紹介ページ(別ウインドウで開きます)
 
 






  



支援者向けブックレット 「 子どもの居場所での読書活動支援ブックレット

 
支援者向けブックリストの表紙画像です
  
様々な理由により、読書活動から遠ざかっている子どもが、
 
自発的に本を読みたいと思うためのステップとなるような読書活動支援の取組み例を紹介したブックレットです。
  
 ブックレット「子どもの居場所での読書活動支援ブックレット」紹介ページ(別ウインドウで開きます)

 






読書手法実践の方法・ポイント・注意点

放課後こども教室、放課後児童クラブ、子ども食堂等の子育て支援関係者が、所属する団体で読書手法を実践する際の方法・ポイント・注意点をまとめました。

読書手法実践の方法・ポイント・注意点の紹介ページ(別ウインドウで開きます)




支援者向け研修

平成29年度  
 
 
放課後子ども教室 、放課後児童クラブ、子ども食堂等の子どもの居場所づくりに関わる方、
 
幼稚園、保育所、認定こども園の職員の方等を対象に、読書活動支援の取組みを紹介する研修を行いました。
 
 

研修名

実施日時

会場

実施内容

えほんのひろば
コーディネート研修・講義編

平成29年10月6日(金曜日)
10時から12時まで

大阪府立
中之島図書館
別館2階貸会議室

講師:加藤 啓子さん
・子どもが自分のペースで好きな本と向き合うことができる「えほんのひろば」の魅力、本の選び方、心地よい空間づくり、子どもとの接し方を講義形式により紹介。
受講者73名

えほんのひろば
コーディネート研修・実践編 

わいわいがやがやえほんのひろば

平成29年11月3日(金曜日・祝日)
10時30分から14時まで

泉ヶ丘ひろば
専門店街
「ちびっこ広場」

講師:加藤 啓子さん
・商業施設の広場で、実際に「えほんのひろば」をつくりながら、子どもと一緒に本を選び読む実践。
・情報交換
・研修受講者の実践の場として「えほんのひろば」を開催し、来場した子どもと保護者に、多くの本に気軽に触れる機会の提供、家庭での読書の意義の啓発、親しみやすい本の情報の提供を実施。
受講者42名・来場者約150名

子どもの居場所における読書活動支援研修
-本で遊ぼう!
アニマシオン-
講義編

平成30年1月26日(金曜日)
13時45分から16時15分まで

大阪府立
男女共同参画・
青少年センター5階視聴覚スタジオ

講師:脇谷 邦子さん
・子どもの成長に読書が果たす役割、子どもと本をつなぐ方法、読み聞かせの講義。
・「アニマシオン」を手法の解説と模擬体験により紹介。
受講者58名

子どもの居場所における読書活動支援研修
-本で遊ぼう!アニマシオン-

実践編

平成30年2月14日(水曜日)
13時45分から16時15分まで

大阪府立男女共同参画・青少年センター4階
大会議室1

講師:脇谷 邦子さん
・読み聞かせの講義。
・課題図書を使って、グループごとに、ゲームや遊び、クイズを加えた作戦を考える実践。
・情報交換
受講者45名

 

平成30年度  
 
 
放課後子ども教室 、放課後児童クラブ、子ども食堂等の子どもの居場所づくりに関わる方、
 
幼稚園、保育所、認定こども園の職員の方等を対象に、読書活動支援の取組みを紹介する研修を行いました。
 
 

研修名

実施日時

会場

実施内容

子どもの居場所での読書活動支援講習会 -すべての子どもに本を-

平成30年9月26日(水曜日)
14時30分から16時30分まで

大阪府立大学
I-siteなんば
カンファレンスルーム
C2・C3

講師:土居 安子さん
・平成29年度作成したブックリストを活用し、子どものさまざまな居場所でのよりよい読書活動を行うために、読書の意義、本の選び方や読み方などについての講演、及び子育て支援関係者向け研修の情報提供を実施。
受講者145名

えほんのひろば
研修(講習)

平成30年10月9日(火曜日)
13時から16時まで

大阪府立
男女共同参画・青少年センター5階 
視聴覚スタジオ

講師:加藤 啓子さん
・「えほんのひろば」の魅力、本の選び方、心地よい空間づくり、子どもと一緒に楽しむ秘訣を講義形式により紹介。また情報交換会も実施。
受講者70名

えほんのひろば
研修(面展台作成)

平成30年10月23日(火曜日)
13時から16時まで

大阪府立中央図書館
2階 多目的室

講師:加藤 啓子さん
・「えほんのひろば」で使う面展台(ダンボール製)に関する講義及びグループに分かれての作成を実施。作成した面展台は参加者が持ち帰り、現場で活用。
受講者44名

読書活動支援研修
-本って面白いと伝えたい-

平成30年11月28日(水曜日)
13時30分から16時30分まで

大阪府立
男女共同参画・青少年センター4階
大会議室3

講師:脇谷 邦子さん
・子どもが本で遊びながら読む力をつけていくための手法「読書へのアニマシオン」を、解説と模擬体験から学ぶ研修を実施。
受講者48名

大阪子ども読書活動推進フォーラム

子どもの読書に関わる教職員や、子育て支援関係者に対し、子どもの読書活動への学校・地域の支援等についての講演を実施、学校、地域における子どもの読書活動推進の好事例を紹介し、成果・課題を共有するフォーラムを実施。


日時:平成31年2月7日(木曜日) 13時30分から16時50分まで
場所:大阪府立中央図書館 ライティホール

講演講師:岩崎 れいさん
「経済的課題を持つ子どもたちの読書権・学習権の保障 -地域や学校ができる支援とは?-」

実践事例発表:

・和泉市立青葉はつが野小学校
・熊取町立熊取北中学校
・大阪府立八尾北高等学校
・社会福祉法人 千早赤阪福祉会 あべのげんき学園
・柏原市立玉手小学校のびのびルーム(放課後子ども教室)

参加者数:206名  

  
 


 

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 社会教育グループ

ここまで本文です。