認定特定行為業務従事者認定証の交付申請等の書類について

更新日:平成30年11月30日

認定特定行為業務従事者認定証の交付申請書類について

1.登録研修機関において喀痰吸引等研修を修了した場合

 1 認定特定行為業務従事者認定証交付申請書
  ア 不特定多数の者対象(省令別表第一号、第二号)研修修了者の場合
     認定特定行為業務従事者認定証交付申請書(省令別表第一号、第二号研修対象)(様式4−1) [Wordファイル/24KB]
   ※不特定多数の者対象として従事者の申請をする場合は、手数料として1,400円を納付してください。

         手数料をコンビニで納付する場合はこちら→大阪府コンビニ納付サービス【障がい)痰吸引等の認定証交付申請1,400円】(外部サイトを別ウインドウで開きます)

       コンビニ納付により手数料の納付手続きを行った場合は「大阪府手数料納付済証」を提出して下さい。

    平成30年(2018年)10月1日に証紙の販売が廃止されました。

    新たな手数料の納め方はこちらをクリック→納付方法の手引き [その他のファイル/335KB]

    PDF版はこちらをクリック→納付方法の手引き [PDFファイル/1MB]

★★納付先の誤りが多発しております!!HPとコンビニ納付の画面は高齢障がい

   2部署ございますのでご注意ください。★★

  イ 特定の者対象(省令別表第三号)研修修了者の場合
       認定特定行為業務従事者認定証交付申請書(省令別表第三号研修対象)(様式4−2) [Wordファイル/59KB] 

 2 住民票の写し(原本に限る。住所、氏名、生年月日が記載されたもので発行後6か月以内のもの。マイナンバー記載のないもの。)
   (外国籍の方は同様に必要事項のみを記載した外国人登録原票の写し。)

 3 社会福祉士及び介護福祉士法附則第4条第3号の各号の規定に該当しない旨の誓約書(様式4−3) [Wordファイル/51KB] 

 4 喀痰吸引等の研修修了証明書のコピー(原本証明のこと)

 5 返信用定型封筒(認定証送付分相当の切手貼付、返信先記入のこと)

 6 事業所がまとめて提出する際は、認定特定行為業務従事者認定証交付申請書類一覧(チェックリスト2) [Excelファイル/32KB]
   ※郵送にて提出の場合、できるだけ配達記録が残る形で提出してください。
   ※1ア の省令別表第一号・第二号研修修了者の場合は、できるだけご予約のうえ、来庁してください。

2.認定証に係るその他の手続書類

 1 認定証の変更の届出
   認定特定行為業務従事者認定証 変更届出書(様式7) [Wordファイル/57KB]

 2 認定証の再交付の申請
   認定特定行為業務従事者認定証再交付申請書(様式8) [Wordファイル/19KB]

   手数料をコンビニで納付する場合はこちら→大阪府コンビニ納付サービス【障がい)痰吸引等の認定証交付申請1,400円】(外部サイトを別ウインドウで開きます)

       コンビニ納付により手数料の納付手続きを行った場合は「大阪府手数料納付済証」を提出して下さい。

 3 認定証の更新の申請
   認定特定行為業務従事者認定証 更新申請書(様式4-4) [Wordファイル/24KB]

      手数料をコンビニで納付する場合はこちら→大阪府コンビニ納付サービス【障がい)痰吸引等の認定証交付申請1,400円】(外部サイトを別ウインドウで開きます)

       コンビニ納付により手数料の納付手続きを行った場合は「大阪府手数料納付済証」を提出して下さい。

                                                       
 4 認定証の辞退
   認定特定行為業務従事者 認定辞退届出書 (様式11)[Wordファイル/52KB] 

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。