江之子島文化芸術創造センターに関するよくあるお問合せ

更新日:平成26年7月9日

Q1 江之子島文化芸術創造センターは美術館ですか?

A1 江之子島文化芸術創造センターは、アーティスト、デザイナー等多様な個人や組織の活動交流拠点となることを主たる目的としている施設であり、芸術等に関する資料の収集、保管、展示、調査研究を目的とし、主として美術作品の展示を行う一般的な美術館とは異なります。

Q2 江之子島文化芸術創造センターはどのような施設ですか?

A2 江之子島文化芸術創造センターは、文化芸術の創造及び振興を図り、もって大阪の都市の魅力の向上に資するため平成24年4月1日に開館した公の施設です。
 江之子島文化芸術創造センターは、「創造力は、心を豊かにする。未来を明るくする。大阪を元気にする。」をコンセプトに、多目的スペースの貸出しやアート、デザイン、まちづくりに関するセミナーやワークショップの開催など、創造的な活動を行う拠点施設として運営しています。事業概要は、以下のとおりです。
 また、建物は昭和13年大阪府立工業奨励館附属工業会館として竣工しており、当時玄関ホールで利用していた飾りガラスを地下1階のカフェに展示するなど、旧館の原型やモダン建築の魅力を活かしつつ、あわせて現在のニーズに応える施設として改修しております。

 【江之子島文化芸術創造センターの事業概要】
   (1)交流・活動場所の提供
  展示室、アトリエ、多目的室、音響ルームの貸出しや、施設内のカフェ、ライブラリー、物販スペース等を有効に活用しながら、創造的な活動が行わ    れるよう施設を運営します。
   (2)協働・活動機会の創出
  アーティスト、デザイナー、府民、NPO、大学、専門家、企業、行政等多様な個人や組織が対等な立場で交流・対話を行い、公共空間の利活用、地域の活性化、まちづくりなどの課題に対して、
  アートやデザイン等を手法として、解決策を検討し、提案する、新しい仕組みや事業を創出していきます。
   (3)現代美術の振興(所蔵美術作品の活用)
  府が所蔵している「大阪府現代美術コレクション」の展示、公共的施設等への貸出しを行います。

Q3 江之子島文化芸術創造センターにはどんな設備がありますか?借りることはできますか?

A3 江之子島文化芸術創造センターには、「展示室」、「アトリエ」、「多目的室」、「音響ルーム」、「ライブラリー」、「カフェ」などがあります。
 江之子島文化芸術創造センターでは、創造的な活動を行う拠点施設として、以下の活動に対して「展示室」、「アトリエ」、「多目的室」、「音響ルーム」を貸室として提供しております。
  ・文化芸術の創造活動
  ・文化芸術の振興に資する活動
  ・都市魅力の向上に資する活動
  ・その他、上記に類する活動      ※貸室を利用いただく場合は、一定の審査があります。

 各ルームの申込方法、利用料金、受付開始日など手続の詳細は、こちらをご確認ください。
江之子島文化芸術創造センターホームページ(多目的ルームのご利用について)(外部サイトを別ウインドウで開きます)

Q4 江之子島文化芸術創造センターに入館するには入館料が必要ですか?

A4 江之子島文化芸術創造センターは、無料で入館いただけます。ただし、イベントやワークショップへの参加に実費相当の費用が必要な場合などがあります。詳しくはホームページをご確認ください。
江之子島文化芸術創造センターホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
府民文化部 文化・スポーツ室文化課 文化創造グループ

ここまで本文です。