国際連携の取組み

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成23年10月5日

概要

大阪バイオ・ヘッドクオーターでは、バイオクラスターとしての国際競争力を高めるための取組みとして、海外のバイオクラスターとの協力関係に関する覚書を締結するなど、国際交流事業を進めるための基盤づくりに取組むほか、海外のバイオ関連企業を招へいしたり、ビジネスマッチングを支援するなど、大阪のバイオのポテンシャルについてアピールする取組みを進めています。

(1)オーストラリア・クイーンズランドの治験ネットワーク機関との覚書締結(2008年10月)

署名者:関西バイオ推進会議事務局長 灘本博(大阪商工会議所専務理事)
     財団法人千里ライフサイエンス振興財団理事長 岸本忠三(活動協力者・大阪地域代表)
     財団法人先端医療振興財団理事長 井村裕夫(活動協力者・神戸地域代表)
     大阪医薬品協会会長 手代木功
     オーストラリア・クイーンズランド臨床治験ネットワーク代表 A.J.Webber

(2)中国「上海張江(集団)有限公司」との覚書締結(2008年11月)

署名者:大阪バイオ・ヘッドクオーター代表 大阪バイオ戦略推進会議議長 岸本忠三
     上海張江(集団)有限公司 代表 王蘭忠

(3)ベルギーのバイオ関連組織「フランダースバイオ」との覚書締結(2010年6月)

署名者:関西バイオ推進会議 事務局長・クラスター連携委員会委員長 灘本正博
     フランダースバイオ(FlandersBio) マネージング・ダイレクター Dr.Ann Van Gysel
     大阪バイオ・ヘッドクオーター代表 岸本忠三(活動協力者・大阪地域代表)
     財団法人先端医療振興財団理事長 井村裕夫(活動協力者・神戸地域代表)
     財団法人京都高度技術研究所理事長 高木壽一(活動協力者・京都地域代表)
     大阪医薬品協会会長 多田正世(活動協力者・業界団体代表) 

(4)ドイツ「バイオ・エム・バイオクラスター振興株式会社」との覚書締結(2011年10月)

署名者:大阪バイオ・ヘッドクオーター代表 岸本忠三
     バイオ・エム・バイオクラスター振興株式会社最高経営責任者 ホースト・ドンダイ

                        バイオ・エムとの覚書調印式

 

(5)国際バイオ見本市等への出展・参加

・「バイオテクニカ」(ドイツ・ハノーバー) (2008年10月)

・「バイオジャパン」(横浜) (2008年10月、2009年10月、2010年9・10月、2011年10月)

・「バイオスクエア2009」 (フランス・リヨン) (2009年3月)

・「BIO」(米国)(2009年5月アトランタ、2010年5月シカゴ、2011年6月ワシントンDC)

・「バイオエキスポ」(東京)(2009年7月、2010年6・7月、2011年6・7月)

・「バイオヨーロッパスプリング」 (2010年3月スペイン・バルセロナ、2011年3月イタリア・ミラノ)

・「バイオヨーロッパ」(ドイツ)(2010年11月ミュンヘン、2011年10・11月デュッセルドルフ)

・「バイオファーマジャパン」(大阪)(2011年7月)

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室ライフサイエンス産業課 調整グループ

ここまで本文です。