サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


分類 「防災・防犯・安全」の検索結果

61件中 1〜10件目  1 2 3 4 5 6 7 次へ>>
回答:
平成19年3月に大阪府が策定しました「府有建築物耐震化実施方針」に基づき、現行の建築基準法と同等の耐震性能に満たないものについては耐震改修を計画的に実施し、平成27年度末にすべての府立学校において改修を完了しました。 …
回答:
SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法のひとつです。 通常、インターネットでは、暗号化されずにデータが送信されています。そのため、通信途中でデータを傍受されると、情報が第三者に漏れてしまう可能性があります。また、相手のなりすましに気付 …
回答:
現場を確認のうえ、対応することになりますので、道路を管轄する下記「お問い合せ窓口」にご連絡ください。 ※当該道路の管理者が不明な場合は、下記「参考リンク」の道路の管理に関するお問い合わせ先でご確認ください。 ※また、国土交通省近畿地方整備局「道の相談室」でも道路に関する要望や相談を受付しております。 …
回答:
マンション等のご自宅の耐震性に疑問をお持ちの方は一般財団法人大阪建築防災センター(TEL:06-6942-0190)で相談を受け付けています。また詳しくはホームページもご覧ください。 また、大阪府内の多くの市町村では積極的に耐震診断を進めていただくよう支援制度を用意しています。 診断費用の一部に対し …
回答:
被災建築物の応急危険度判定制度では、地震により被災した建築物がその後に発生した余震等で倒壊したり物が落下して人命に危険をおよぼす恐れがあるため、被災後すぐに地方公共団体により、応急危険度判定士が被災建築物の調査を行い、その建物が使用できるか否かを応急的に判定します。この調査は無料です。 …
回答:
大阪府では、民間建築物の所有者が耐震診断・設計・改修を実施する場合に、地元市町村と連携してその費用の一部を補助する制度を実施しています。 建築物の耐震診断を行おうとする方は、制度を実施している市町村から補助を受けることができます。大阪府は補助を行っている市町村に対して、支援をしています。 …
回答:
南海トラフ巨大地震による津波浸水想定や被害想定は、南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会資料として掲載しておりますのでご覧ください。
回答:
犯罪被害に遭われた方の相談窓口には、相談や付き添いサービスを行うNPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター(大阪府公安委員会指定 犯罪被害者等早期援助団体)や法律相談を行う大阪弁護士会の犯罪被害者支援センターなどがあります。詳しくは、治安対策課 犯罪被害者支援のホームページをご覧ください。 …
回答:
建築物等の耐震に関することは、居住地の市町村の耐震相談窓口または、一般財団法人大阪建築防災センターの耐震診断・改修相談窓口(TEL:06-6942-0190)にて、ご相談を受け付けています。 相談場所:一般財団大阪建築防災センター 相談方法:面談又は電話 ◎相談期間など詳しい情報は一般財団大阪建築防 …
回答:
特定既存耐震不適格建築物の所有者は、当該建築物について現行の耐震基準と同等以上の耐震性能を確保するよう耐震診断や改修に努めることが求められています。 建築物の耐震改修を行おうとする方は、耐震改修計画について所管行政庁に認定を申請することができます。 所管行政庁(建築主事を置く、市町村の区域においては …
61件中 1〜10件目  1 2 3 4 5 6 7 次へ>>



ここまで本文です。