サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「災害・犯罪に備える」の検索結果

15件中 1〜10件目  1 2 次へ>>
回答:
マンション等のご自宅の耐震性に疑問をお持ちの方は一般財団法人大阪建築防災センター(TEL:06-6942-0190)で相談を受け付けています。また詳しくはホームページもご覧ください。 また、大阪府内の多くの市町村では積極的に耐震診断を進めていただくよう支援制度を用意しています。 診断費用の一部に対し …
回答:
被災建築物の応急危険度判定制度では、地震により被災した建築物がその後に発生した余震等で倒壊したり物が落下して人命に危険をおよぼす恐れがあるため、被災後すぐに地方公共団体により、応急危険度判定士が被災建築物の調査を行い、その建物が使用できるか否かを応急的に判定します。この調査は無料です。 …
回答:
大阪府では、民間建築物の所有者が耐震診断・設計・改修を実施する場合に、地元市町村と連携してその費用の一部を補助する制度を実施しています。 建築物の耐震診断を行おうとする方は、制度を実施している市町村から補助を受けることができます。大阪府は補助を行っている市町村に対して、支援をしています。 …
回答:
建築物等の耐震に関することは、居住地の市町村の耐震相談窓口または、一般財団法人大阪建築防災センターの耐震診断・改修相談窓口(TEL:06-6942-0190)にて、ご相談を受け付けています。 相談場所:一般財団大阪建築防災センター 相談方法:面談又は電話 ◎相談期間など詳しい情報は一般財団大阪建築防 …
回答:
南海トラフ巨大地震による津波浸水想定や被害想定は、南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会資料として掲載しておりますのでご覧ください。
回答:
特定既存耐震不適格建築物の所有者は、当該建築物について現行の耐震基準と同等以上の耐震性能を確保するよう耐震診断や改修に努めることが求められています。 建築物の耐震改修を行おうとする方は、耐震改修計画について所管行政庁に認定を申請することができます。 所管行政庁(建築主事を置く、市町村の区域においては …
回答:
応急危険度判定は、市町村が地震発生後の様々な応急対策のひとつとして行うべきものですが、阪神淡路大震災のような大規模災害の場合には、判定を必要とする建築物の量的な問題や被災地域の広域性から行政職員だけでは、対応が難しいと考えられ、そこで、ボランティアとして協力いただける民間の建築士等の方々に応急危険度 …
回答:
防犯に配慮した共同住宅や、戸建住宅の企画、計画、設計を行う際の具体的な手法等をガイドブックとして作成しています。
回答:
府は土砂災害により被害のおそれのある地域の地形・地質・降水及び土地利用状況等についての基礎調査を行い、市町村長の意見を聞きながら、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定を行うことをいいます。 なお、土砂災害警戒区域(土砂災害特別警戒区域)の詳細については、「土砂災害防止法」(参考リンク参照) …
回答:
土砂災害特別警戒区域においては、 1.特定の開発行為に対する許可制を設けています。 2.建築物の構造規制があります。 3.建築物の移転等の勧告が図られます。 なお、土砂災害特別警戒区域については、「土砂災害防止法」(参考リンク参照)を参照ください。 …
15件中 1〜10件目  1 2 次へ>>



ここまで本文です。