サブメニューを飛ばして本文へ
その他のお知らせをさがす
名称や案内番号でさがす
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。

有害情報をブロックするフィルタリングで子どもを守ろう!

案内番号:0000-9567

フィルタリングはスマホ依存症の予防にも効果的です。

 インターネット上には、出会い系サイトやアダルトサイト、ワンクリック詐欺等の青少年にとって有害な情報が氾濫しています。
 有害情報にアクセスしたことが原因で、子どもたちが犯罪に巻き込まれてしまうケースが発生しています。
フィルタリングは、子どもたちにとって有害な情報の閲覧を制限したり、有害なアプリの起動を制限したり、スマートフォンの利用時間を制限する大切な役割を備えています。

 スマホ依存症の予防のためにも、お子さんのスマートフォン・携帯電話にはフィルタリングを必ず利用しましょう。

 

※詳しくは、携帯電話取扱店にお問合せください。  

 

 ■大阪府青少年健全育成条例の改正(平成23年3月)

 青少年インターネット環境整備法(平成21年4月制定)では、携帯電話事業者に「18歳未満の青少年が使用する携帯電話について、フィルタリングサービスの利用を条件として販売すること」を求めていますが、保護者が申し出た場合には、簡単にフィルタリング解除ができる状況にあります。このため、大阪府では青少年健全育成条例を改正し、フィルタリングの手続きを厳格化しています。(条例施行日:平成23年7月1日)  

<改正内容>  

1.【携帯電話事業者】
 
青少年の利用の有無を契約者に確認し、利用者が青少年の場合は、保護者に対して、以下の項目について、説明しなければなりません。

  ・インターネット上の有害情報
  ・フィルタリングサービスの意義、内容
  ・解除した場合の危険性(出会い系サイト等による被害、ブログの書き込み等により加害者となりうること等)

2.【保護者】
 
フィルタリングサービスの意義・内容及び解除した際の危険性について携帯電話事業者から説明を受けてください。
理解したうえでもなお、解除の申し出をするときは、解除理由を記載し、署名した書面を事業者に提出しなければなりません。

3.【携帯電話事業者】
 
保護者から提出された解除申出書に署名のうえ、保存・管理しなければなりません。(読み込んだ電磁的記録を含む。)

※府は、上記の取組についての必要な調査を行うことができ、知事は、携帯電話事業者が上記の事項に違反した場合には、勧告・公表することができます。

問合せ窓口

政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 健全育成グループ

電話番号 06-6944-9147
FAX番号 06-6944-6649
住所 〒540-0008 大阪市中央区大手前3-1-43 新別館南館7階

参考リンク

参考資料

フィルタリング啓発チラシ表面 (Pdfファイル、654KB)
フィルタリング啓発チラシ裏面 (Pdfファイル、481KB)

このページの作成所属
政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 健全育成グループ


ここまで本文です。