府主催イベント等は、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止又は延期等になっている可能性がありますので、
「中止又は延期する府主催イベント・集会等について」および「府有施設等の休館等の状況について」をご確認ください。
今後の対応については、「大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」において決定します。
サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 9月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


令和2年度特別展「発掘された土木技術 大和川流域の開発と水制」を開催

案内番号:0002-3692

ご案内

 今秋の狭山池博物館の特別展では、河川において水の流れを制御する構造物「水制」を取り上げます。
 「水制」は、近世までは一般的な治水技術でした。しかし、考古学における研究が少ないことが影響し、古墳時代に出現することはわかっても、古代や中世における動向がほとんどわかっていませんでした。
 今回改めて調査を行ったところ、大阪平野では新旧の大和川流域に様々な「水制」があることが確認できました。また、国内を見渡しても、通史的に「水制」の変遷を追うことができるのは、今現在は大阪平野だけということもわかりました。平野部の開発には治水が重要なため、大阪平野でまとまった水制が確認できるのは偶然ではありません。
 本展では、大和川を始めとした多くの河川が集合する大阪平野の開発において、いかに治水を課題としていたか、そして水制の研究が重要であることを展示します。

  

 期間  令和2年10月10日(土曜日)から12月6日(日曜日)まで。

      ※月曜日休館。ただし、祝日の11月23日(月曜日)は開館し、翌日の11月24日(火曜日)が休館日となります。

  

 場所     大阪府立狭山池博物館 特別展示室

   

 入館料  無料

   

 関連事業

  歴史セミナー 

   第1回   日時  令和2年10月25日(日曜日)  午後2時から午後3時30分まで

          講演  矢内一磨氏(堺市博物館学芸員)「大和川筋図巻を読み解く」

     

   第2回   日時  令和2年11月21日(土曜日)  午後2時から午後3時30分まで

          講演  山田隆一(本館学芸員)「大和川流域の開発と水制」

     

   各回共通  場所  狭山池博物館2階ホール

           定員  60名(往復はがき又はEメールによる事前申込制。応募者多数の場合は抽選。)

           入場料  無料

           申込方法  下記をご覧ください。

                

  

注意事項

  新型コロナウイルス感染拡大防止等、情勢によっては展示期間やイベント等を変更する場合がございます。

 本館ホームページまたは電話にて、最新の状況をご確認くださいますようお願いします。

お申込み方法

歴史セミナーの事前申込について

 定員   60名

 締め切り  令和2年10月10日(土曜日) 当日到着分まで受け付け

 

 往復はがきでお申し込みの方

   ・1通につき1名です。
   ・氏名、住所、電話番号、開催日(2回のうちどちらか、あるいは2回とも)をご記入ください。
   ・返信用はがきには、郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
   ・「特別展歴史セミナー担当」あて、郵送ください。

 

 Eメールにてお申し込みの方

   ・1メールにつき1名です。
   ・往復はがきと同じ内容(氏名、住所、電話番号、開催日)をご記入ください。
   ・アドレスは次のとおり oubo@sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp

 

 注意事項

   ・応募者多数の場合は抽選にて決定します。あらかじめご了承ください。


お問合せ窓口

大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館
 住所 〒545-0012 大阪狭山市池尻中2丁目
 電話 072-367-8891
 ファクシミリ 072-367-8892

参考リンク


このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 狭山池博物館


ここまで本文です。