サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 2月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


府立狭山池博物館 令和2年春季企画展「土木遺産展−関西のトンネル めぐり−」

案内番号:0002-3094

ご案内

令和2年春季企画展「土木遺産展−関西のトンネルめぐり−」

 

今回の企画展では、全国の明治期以降の代表的なトンネル、中でも関西のトンネルを取り上げ、トンネルの施工方法、坑口(こうぐち)の形状、覆工材料の変遷を通じて、日本におけるトンネルの歴史や技術の進歩の足跡を図面と写真、工事誌で分かりやすく展示・解説を行います。また、ふだん見ることのできない「化粧木(けしょうぎ)」をパネル展示します。化粧木はトンネルの入り口の上に据えられている反り返った木材で、神域への入り口をあらわす「鳥居」、神様の「依り代」といわれています。坑口付け(安全祈願祭)などの時、坑口の上に飾られ、トンネル落成式(貫通)後に撤去されます。同時に、安産祈願のお守りとされる各地のトンネルの「貫通石」、明治期に建設され、鉄道遺産となった旧北陸線のトンネル群(福井、滋賀両県に残る)をPRするために作成された、広報用の小さなパンフレット「トンネルカード」も展示します。

本展示を通じて、事業に携わった人々の様々な苦労や熱意を知ることで、先人の仕事に敬意を持ち、将来の土木技術の発展に期待します。

 

会   期  令和2年(2020年)3月14日(土)〜 5月10日(日)

会   場  府立狭山池博物館特別展示室 入場無料

開館時間  午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休 館 日  毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌日)

講 演 会  場所:狭山池博物館 2階ホール 無料 定員126名(当日先着順)

                受付:午後1時30分から

    第1回「トンネルを楽しむ−旧大阪鉄道亀瀬隧道−」

         講師:石田 成年 氏(柏原市教育委員会)  

         日時:令和2年4月5日(日) 午後2時〜3時30分

    第2回 「大阪市電事業の橋梁図面の概要と橋のデザイン」 

     講師:小野田 滋 氏(公益財団法人鉄道総合技術研究所)

       日時:令和2年4月19日(日) 午後2時〜3時30分

    第3回 「日本を代表する海底トンネル−新関門トンネルと青函トンネル−」 

講師:鈴木 雅之 氏(株式会社安藤・間 建設本部)

日時:令和2年5月9日(土) 午後2時〜3時30分

  

体験イベント     

   日時:令和2年4月25日(土)午後1〜午後3時 場所:狭山池博物館 屋上ガーデン

          ・レンガでアーチ橋をつくろう! 

 

※令和2年4月25日(土)、26日(日)は狭山池まつり開催日

  4月25日(土) 博物館は午後8時まで開館しています。

お申込み方法


お問合せ窓口

都市整備部 富田林土木事務所 狭山池博物館

電話番号 (072)367-8891
FAX番号 (072)367-8892
住所 〒589-0007 大阪府大阪狭山市池尻中2丁目

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 狭山池博物館


ここまで本文です。