サブメニューを飛ばして本文へ
催し・募集の案内をさがす
名称や案内番号でさがす
分類でさがす 開催日でさがす
先月 1月 翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
開催場所でさがす
大阪市 豊能 三島 泉北 泉南 北河内 中河内 南河内
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


「彩都産学官連携フォーラム2018」の開催のご案内

案内番号:0001-8836

ご案内

 大阪府では、創薬支援の取組の一環として、次のとおり「彩都産学官連携フォーラム2018」を開催します。
 このフォーラムでは、産学官各分野から創薬最前線の情報を発信するシンポジウムのほか、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所や、彩都に進出しているベンチャー企業による最先端の研究開発の状況等、幅広い創薬に関連する取り組みを紹介します。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 

 
 


【日時】  平成30年1月24日(水曜日)午前10時から午後4時50分まで

 


【場所】  千里ライフサイエンスセンタービル 5階 山村雄一記念ライフホール

       (豊中市新千里東町1−4−2)
        最寄り駅:千里中央駅(地下鉄御堂筋線(北大阪急行)または大阪モノレール)

 

【内容(敬称略)】

        ◆シンポジウム「社会に理解される創薬〜産学官の連携のありかた〜」

         座長: 独立行政法人 国立病院機構 理事長 楠岡 英雄
              厚生労働省 医政局 研究開発振興課 治験推進室長 井本 昌克
              独立行政法人医薬品医療機器総合機構
                        審議役(次世代審査等推進・科学委員会等担当) 鹿野 真弓
              田辺三菱製薬株式会社 執行役員創薬本部長 上野 裕明
             大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 臨床研究センター センター長 山本 洋一 

      
              ◆彩都における新たな研究開発の動き

          クリングルファーマ株式会社 代表取締役社長 安達 喜一
          富士フイルム株式会社 医薬品事業部 プロジェクトマネジャー 戸倉 雅彦 

      
              ◆希少疾病に対する再生医療等製品の開発

         株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発部長 井家 益和
         

       ◆医薬基盤・健康・栄養研究所の新たな取り組み”三本の矢”

          国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
            難治性疾患研究開発・支援センター長 松山 晃文
           ワクチン・アジュバント研究センター長 石井 健
           創薬デザイン研究センター長 近藤 裕郷
            

 


【参加費】 無料

 

お申込み方法

インターネット又はFAX(06-6231-9195)による事前申し込みが必要です。(定員210名)
定員になり次第、締め切ります。


インターネット申込みはこちら

お問合せ窓口

彩都産学官連携事業実行委員会事務局
電話番号 06-6231-9191
FAX番号 06-6231-9195
住所 〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町2−4−6(大阪医薬品協会※内)
                                    ※平成30年1月より「関西医薬品協会」に名称変更

参考リンク

参考資料

FAX申込用紙 (Pdfファイル、146KB)

このページの作成所属
健康医療部 薬務課 総務・企画グループ


ここまで本文です。