回答(不動産取得税)

更新日:2019年5月1日

Q1 不動産取得税は、どのような場合に課税されるのですか?

     A1 不動産(土地や家屋)を売買、交換、贈与、新築、増築、改築などによって取得した場合に、その取得した人に課せられる税金です。
       不動産の取得とは、不動産の所有権を取得した場合をいうもので、登記の有無、有償・無償、取得の理由は問いません。
       例えば、建築した家屋を登記しない場合や、土地や家屋の所有権移転登記を省略した場合にも、課税対象となります。

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 不動産グループ

ここまで本文です。