回答(不動産取得税)

更新日:2022年4月1日

Q10 不動産取得税の計算方法は?

     A10 住宅に係る軽減の要件を満たしている場合の計算例です。

        (設例) 令和4年4月に新築未使用の住宅とその土地を購入しました。
             土地の面積は120平方メートルで、価格(評価額)は24,000,000円です。
             住宅の延床面積は150平方メートル、価格(評価額)は13,000,000円です。
             納める税額はいくらでしょうか。

     

(計算)



 
    価格(評価額)   住宅控除額(最高額)    税率    税額
   (13,000,000円  −  12,000,000円)  ×  3% = 30,000円









 

 1 当初の税額
     価格(評価額)   宅地特例措置    税率     税額     
     24,000,000円  ×  1/2  ×   3% =  360,000円


 2 減額される額
        土地1平方メートル当たりの価格          住宅の床面積の2倍    税率  減額される額 
     (24,000,000円×1/2÷120平方メートル)  ×  (200平方メートル) × 3% = 600,000円


 3 土地の納める額
     当初の税額  減額される額
     360,000円 − 600,000円 = 0円


 
したがって、納める税額は、住宅 30,000円+土地 0円=30,000円となります。

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 不動産グループ

ここまで本文です。