「PayPay請求書払い」を利用した府税の納付について

更新日:令和3年4月1日

「PayPay請求書払い」とは?

「PayPay請求書払い」とは、「PayPay」アプリから、納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、あらかじめチャージされた残高から大阪府税の納付ができるサービスです。

対象税目

自動車税(種別割)・個人事業税・法人府民税・法人事業税(特別法人事業税又は地方法人特別税を含む)・府民税利子割・府民税配当割・府民税株式等譲渡割・不動産取得税・ゴルフ場利用税・軽油引取税・宿泊税
※ただし、「PayPay請求書払い」で納付できるものは、納付用紙のうちコンビニ収納用バーコードの印字があるものに限ります。

ご利用前に準備するもの

・スマートフォン

・コンビニ収納用バーコードが印字された大阪府税の納付書
 ※期限を経過した納付書は使用できません。

・「PayPay」アプリ
 ※アプリダウンロード等の詳細については、「PayPay」ホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)でご確認ください。

納付方法

1 アプリをダウンロードする(無料)
  ※アプリの利用(手数料)は無料ですが、パケット通信料は自己負担になります。

2 PayPayの利用登録を行い、銀行口座、現金等によりあらかじめ金額のチャージを行う

3 アプリを起動し「スキャン」アイコンをタップする
 
4 納付書に印字されたコンビニ収納用バーコードをスキャンする

5 支払情報を確認し、「支払う」をタップする
   
■PayPay請求書払いに関する問合せは、「PayPay」ホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)でご確認ください。
   

注意事項

1 領収証書の発行は行いません。アプリ上の取引履歴により納付の確認をお願いします。

2 納付後すぐに車検を受ける場合等、納税証明書が至急必要な場合は、金融機関、コンビニエンスストア等でご納付ください。

3 クレジットカードによる支払方法は利用できません。支払方法はPayPay残高のみとなります。

4 「PayPay」アプリを利用できるのは個人アカウントのみです。法人アカウントは利用できません。

5 「PayPay請求書払い」で納付することができるのは、1回あたり30万円までです。(24時間以内の支払上限50万円以下等の制限あり)

6 納付手続き完了後に、納付を取り消すことはできません。

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 納税グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 税金・その他債権 > 府税あらかると > 「PayPay請求書払い」を利用した府税の納付について