平成29年度当初予算 災害基本対策費

事業名 :災害基本対策費(19960943) 予算要求課 危機管理室
細事業名 :災害基本対策費 予算計上課 危機管理室
細々事業名 :災害基本対策費(19960943-00010001)
一般事業費 経常的経費 準義務的経費
要求額を見る 査定額を見る (単位 千円)

要求額の内訳

公単区分

前年度当初

本年度要求

1 非常勤作業員 共済費 280千円 1 非常勤作業員 共済費 277千円
 
278,000= 277,000= 277
 
280,000-278,000=  
(非常勤職員分(物件費)計) 280千円 (非常勤職員分(物件費)計) 277千円
(非常勤職員分計) 280千円 (非常勤職員分計) 277千円
(共済費計) 280千円 (共済費計) 277千円
1 非常勤作業員 賃金 1,680千円 1 非常勤作業員 賃金 1,689千円
 
(5,750+1,350)*197日+(4,790+1,350)*46日 (5,750+1,350)*198日+(4,790+1,350)*46日
= = 1,688
 
-2,000=  
(賃金計) 1,680千円 (賃金計) 1,689千円
1 国関係機関との協議 759千円 1 国関係機関との協議 759千円
課内の管外・管内旅費 課内の管外・管内旅費
1,259,000= 759,000= 759
-500,000円=  
2 全国知事会関係 2 全国知事会関係
3 災害派遣等 180千円 3 災害派遣等 180千円
災害派遣等 災害派遣等
180,000= 180,000= 180
(旅費計) 939千円 (旅費計) 939千円
1 防災事務資料作成費(複写サービス
  費)
523千円 1 防災事務資料作成費(複写サービス
  費)
523千円
835,000= 523,000= 523
+1,278,000=  
-1,090,000=  
-500,000円=  
2 事務用品費 460千円 2 事務用品費 454千円
460,000= 454,000= 454
3 定期刊行物 767千円 3 定期刊行物 767千円
767,000= 767,000= 767
4 公用車燃料代 230千円 4 公用車燃料代 230千円
230,000= 230,000= 230
5 当直室諸費 5 当直室諸費
6 参考図書、追録代 38千円 6 参考図書、追録代 38千円
38,000= 38,000= 38
(消耗需用費計) 2,018千円 (消耗需用費計) 2,012千円
(需用費計) 2,018千円 (需用費計) 2,012千円
1 車両保険料 156千円 1 車両保険料 156千円
任意保険料 5台分 任意保険料 5台分
156,000= 156,000= 156
(保険料計) 156千円 (保険料計) 156千円
1 電話/ファックス代 540千円 1 電話/ファックス代 540千円
540,000= 540,000= 540
[ifax利用料振替] [ifax利用料振替]
2 宿日直クリーニング経費 330千円 2 宿日直クリーニング経費 330千円
330,000= 330,000= 330
(その他の役務費計) 870千円 (その他の役務費計) 870千円
(役務費計) 1,026千円 (役務費計) 1,026千円
1 書類廃棄処理委託 1 書類廃棄処理委託
2 泡消化剤廃棄処理委託 2 泡消化剤廃棄処理委託
3 PCB廃棄物処理費 3 PCB廃棄物処理費 733千円
732,700円= 732
(その他の委託料計) 0千円 (その他の委託料計) 733千円
(委託料計) 0千円 (委託料計) 733千円
1 機器借上げ代 160千円 1 機器借上げ代 160千円
FAX 借上げ料 FAX 借上げ料
160,000= 160,000= 160
2 自動車借上げ代 135千円 2 自動車借上げ代 135千円
135,000= 135,000= 135
3 NHK受信料 15千円 3 NHK受信料 15千円
当直室分 当直室分
15,000= 15,000= 15
4 ETC利用料 381千円 4 ETC利用料 381千円
381,000= 381,000= 381
5 災害対策等諸費 5 災害対策等諸費
(使用料及び賃借料計) 691千円 (使用料及び賃借料計) 691千円
(合計) 6,634千円 (合計) 7,367千円


ここまで本文です。