令和4年度当初予算(政策的経費) 運営費

管理事業名 :消防学校運営事業 予算要求課 消防学校
事業名 :運営費(19961296) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 消防学校運営費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  消防組織法に基づき、消防職員及び消防団員の教育訓                            1.消防学校運営費                                          
 練を実施し、地域消防力の充実強化を図る。                                   府内市町村の消防職員等を対象に、消防に関する知                          
  ・場所:府立消防学校(大東市平野屋1−4−1)                              識及び技能について対象別に初任、専科、幹部、特別                          
  ・面積:24,747.71u(敷地)、13,863.51u(延床)                    、消防団員などの各教育訓練を実施し、地域消防力の                          
  ・施設概要:本館(寮含む)、屋内訓練場、訓練塔、                             充実強化を図る。                                          
   水難救助訓練施設、科学消防教育施設等                                                                                    
  ・教育訓練計画上の定員:初任教育(460人)                              2.消防学校派遣職員費                                        
   専科教育(280人)、幹部教育(90人)                                 消防学校の教師として、府内各市町村消防本部・消                          
   特別教育(536人)、消防団教育(1,200名)                            防組合から派遣を受けている消防職員(1年8名・半                          
根拠法令                                                   年1名)に係る人件費を負担する。                                  
 消防組織法                                                  *消防学校教官    25名                                   
 大阪府立消防学校条例                                               ・派遣教官   8.5名                                   
 地方自治法、派遣職員の取り扱いに関する協定                                    ・研修等教官 16.5名                                   
   《30年度決算》75,289,521円                              
   《R1年度決算》80,739,010円                              
   《R2年度決算》76,367,976円                              
                                                    
 3.府内消防力の強化対策事業                                     
   実践的な教育訓練を実施するため必要な訓練施設や                          
  資機材を整備し、府内消防力の充実強化を図る。                            
                                                    
 <自己評価>                                             
   市町村の入校需要を踏まえ、着実に教育訓練を実施                          
  している。                                             

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 173,408 0 0 513 172,895
要求額 175,050 0 0 610 174,440
査定額 175,050 0 0 610 174,440

要求額の内訳

査定額の内訳

1 消防学校運営費                     60,689千円 要求どおり                         60,689千円
 (1) 消防学校運営費                  60,689千円                               60,689千円
2 消防学校派遣職員費負担金                98,629千円 要求どおり                         98,629千円
 (1) 消防学校派遣職員費負担金             98,629千円                               98,629千円
3 府内消防力の強化対策事業                15,732千円 要求どおり                         15,732千円
 (1) 備品更新                     8,457千円                               8,457千円
 (2) 府内消防力の強化対策事業             1,052千円                               1,052千円
 (3) 教育訓練必要資機材                4,155千円                               4,155千円
 (4) 熱中症強化対策事業                2,068千円                               2,068千円
 (5) 実火災体験型訓練施設更新費            0千円                               0千円

明細 消防学校運営費 消防学校運営費(19961296-00010001)

明細 消防学校派遣職員費負担金 消防学校派遣職員費負担金(19961296-00060008)

明細 府内消防力の強化対策事業 備品更新(19961296-00140024)

明細 府内消防力の強化対策事業 府内消防力の強化対策事業(19961296-00140028)

明細 府内消防力の強化対策事業 教育訓練必要資機材(19961296-00140031)

明細 府内消防力の強化対策事業 実火災体験型訓練施設更新費(19961296-00140146)

明細 府内消防力の強化対策事業 熱中症強化対策事業(19961296-00140518)



ここまで本文です。