ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和4年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助事業費

令和4年度当初予算(部長後調整要求) 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助事業費

管理事業名 :地域戦略推進事業 予算要求課 地域戦略推進課
事業名 :交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助事業費(20220118) 予算計上課 戦略推進室
款名・項名・目名 :総務費 スマートシティ戦略費 地域戦略・特区推進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  人口減少により、利用者が減少し路線バスの運行維持                             府内各地への横展開が期待できる交通事業者主体で行                          
 が厳しい状況。一方で、高齢化の進行によりラストワン                            うAIオンデマンド交通に対する補助金                                 
 マイルの課題が顕著化するなど、新しい移動ニーズへの                             令和6年度までに社会実装をめざす事業で、交通事業                          
 対応は待ったなし。                                            者と市町村が連携して進める実証実験について補助する                          
  この移動課題に対し、有効な交通手段となるAIオンデ                           。                                                  
 マンド交通の普及促進に向け、先行モデルとなる市町村                                                                               
 と交通事業者が協力して行う交通事業者が運行主体のAI                           ○補助率   :1/2以内                                      
 オンデマンド交通の導入に向けた取組みに対し補助する                             (※補助対象経費の合計額から国からの補助金等によ                          
 。                                                     る収入額を控除して得た額の1/2)                                 
開始終了年度                                                ○補助対象者 :交通事業者と市町村で構成する協議会                          
 令和 4年度〜令和 5年度                                         等                                                 
根拠法令                                                  ○補助対象経費:AIオンデマンド交通の実証実験に係る                         
  大阪府補助金交付規則                                           経費                                                
  ・システム整備・保守・運用、車両・車載器リース、                          
   実証運行経費 等                                         
  ・利用促進サービスの実証費用                                    
  ・実験周知の費用/実験結果検証費用(府に提出を求                          
   め、当該ノウハウを他地域に活用)                                 
 ○審査の視点 :実装の実現性、事業継続性、横展開の                          
  可能性を重視。                                           
                                                    
 【調整理由】                                             
  新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の                          
 充当に伴う財源更正                                          

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 0 0 0 0 0
要求額 25,142 0 0 0 25,142
内示額 25,142 0 0 0 25,142
調整要求額(部長後) 0 25,142 0 0 ▲25,142
査定額 0 25,142 0 0 ▲25,142

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫補助金 スマートシティ戦略費補助金 地域戦略推進事業補助金 25,142 25,142

要求額の内訳

査定額の内訳

1 交通事業者によるAIオンデマンド交通         
  先行モデル構築補助金                 
0千円 要求どおり                        
                             
0千円
 (1) 交通事業者によるAIオンデマンド        
    交通先行モデル構築補助金        
▲25,142 千円                              
                             
▲25,142 千円
 (2) 交通事業者によるAIオンデマンド        
    交通先行モデル構築補助金(公        
25,142千円                              
                             
25,142千円

明細 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助金 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助金(20220118-03310606)

明細 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助金 交通事業者によるAIオンデマンド交通先行モデル構築補助金(公(20220118-03310926)



ここまで本文です。