令和4年度当初予算(部長後調整要求) OSAKA女性活躍推進事業費

管理事業名 :男女共同参画推進事業 予算要求課 男女参画・府民協働課
事業名 :OSAKA女性活躍推進事業費(20180860) 予算計上課 男女参画・府民協働課
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 男女共同参画推進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 産学官等で構成する「OSAKA女性活躍推進会議」と                            【事業概要】                                             
 連携のもと、女性が輝く大阪の実現に向けて、企業の経                            ・行政と経済団体、大学等が相互に連携・協力し、オー                          
 営者や若者の意識改革にかかる啓発事業を充実・強化し                            ル大阪で女性活躍推進の機運を盛り上げるため、平成27                         
 ていく。オール大阪で女性の活躍推進に向けた機運醸成                            年7月30日に設置したOSAKA女性活躍推進会議を運                         
 に努め、男女が持てる力を存分に発揮し、あらゆる分野                            営する。                                               
 で活躍できる元気な大阪をめざす。                                     ・女性が能力を十分に発揮できる大阪をめざし、経済団                          
 また、コロナ禍で孤独・孤立で不安を抱える女性に対し                            体、大学等との協働により、府民の意識を醸成するイベ                          
 、きめ細かい支援を行う。                                         ントや女性リーダー・管理職を育成する研修、生徒・学                          
開始終了年度                                                生向けセミナー等を実施する。                                     
 令和 3年度〜令和 5年度                                        ・コロナ禍の影響を受けている女性に対し、民間企業と                          
 連携した支援事業をドーンセンターで行うことや、気軽                          
 に相談できるようSNS相談を行う。                                  
                                                    
 【活動指標】                                             
 ・啓発セミナー等の実施回数:R4見込み6回                              
                                                    
 【成果指標】                                             
 ・大阪の女性の就業率⇒全国平均を上回ること                              
  (参考 労働力調査年平均 R2大阪府:51.2%、全国                       
 :51.8%)                                            
 ・男女いきいき・元気宣言登録事業者数                                 
   R3:640社(見込み)⇒R5:725社                             
 ・参加者アンケート調査で「女性活躍推進や女性採用の                          
 取組を推進したい」と回答した参加者割合 R3年度〜R5                        
 年度:毎年90%以上(参考 R2:92.5%)                            
 ・セミナー等の参加者数                                        
 R3年度〜R5年度:毎年700人以上(参考 R2:831人)                     
 ・ドーンセンターにおける支援事業での利用者満足度:                          
 80%以上                                              
                                                    
 【調整要求理由】                                           
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充                          
 当                                                  

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 9,296 7,472 0 0 1,824
要求額 30,243 17,580 0 0 12,663
内示額 23,648 15,371 0 0 8,277
調整要求額(部長後) 0 5,162 0 0 ▲5,162
査定額 0 5,162 0 0 ▲5,162

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫補助金 府民文化費補助金 男女共同参画推進事業補助金 5,162 5,162

要求額の内訳

査定額の内訳

1 コロナ禍の影響を受けている女性への支         
  援事業                        
0千円 要求どおり                        
                             
0千円
 (1) つながりサポート型事業              0千円                               0千円
 (2) 女性のためのSNS相談の実施           0千円                               0千円

明細 コロナ禍の影響を受けている女性への支援事業 女性のためのSNS相談の実施(20180860-05260662)

明細 コロナ禍の影響を受けている女性への支援事業 つながりサポート型事業(20180860-05260882)



ここまで本文です。