令和4年度当初予算(経常的経費) 少年サポートセンター運営費

管理事業名 :青少年の健全育成事業 予算要求課 青少年・地域安全室
事業名 :少年サポートセンター運営費(20100411) 予算計上課 青少年・地域安全室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 青少年指導費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  深刻化する非行等、少年の問題行動に、地域において                            少年サポートセンター運営費                                      
 迅速に対応するため、少年サポートセンターを核に、地                            ◆少年サポートセンターの概要                                     
 域での非行防止から立直り支援までの一貫した少年のサ                             ○設置数:10か所(中央、梅田、難波、池田、茨木、                         
 ポート体制の充実を図る。                                                  枚方、八尾、富田林、堺、岸和田)                          
開始終了年度                                                 ○構成:育成支援室(大阪府)                                    
 平成16年度〜                                                   少年育成室(大阪府警察)                                  
根拠法令                                                       教育庁                                           
 大阪府少年サポートセンター設置要綱                                    ◆育成支援室事業(大阪府)                                      
  警察等と連携し、非行少年防止や立ち直り支援を実                           
  施。                                                
  @非行少年にケースワーカーによる面談やソーシャル                          
   スキルトレーニング等のプログラム、体験活動等を                          
   通じた立ち直り支援を実施。                                    
  A警察等と連携して本人や家族からの立ち直り支援に                          
   かかる相談業務を実施。                                      
  B大阪府教育庁、大阪府警察本部と連携し小学5年生                          
   を対象とした非行防止・犯罪被害防止教室を展開                           
 ◆活動指標                                              
  R2実績 立ち直り支援事業回数 1,131回                            
      非行防止・犯罪被害防止教室実施校数                             
   828校(実施率83.0%)                           
   (新型コロナウイルス感染症の影響のため減)                            
  R3見込  立ち直り支援事業回数 2,000回                           
     非行防止・犯罪被害防止教室実施校数                          
       995校                                         
  R4目標  立ち直り支援事業回数 2,000回                           
    非行防止・犯罪被害防止教室実施校数                         
       995校                                         
 ◆成果指標                                              
   非行からの効果的な立ち直り支援活動の実施、非行                          
  防止・犯罪被害防止教室による早期の規範意識の醸成                          
  を通じた非行情勢の改善。                                      
  ○参考値                                              
  刑法犯少年の検挙・補導人員数                                    
   R1  2,556人                 
   R2  2,313人                                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 59,054 0 0 0 59,054
要求額 59,054 0 0 0 59,054
査定額 59,054 0 0 0 59,054

要求額の内訳

査定額の内訳

1 少年サポートセンター                 
。。
59,054千円 要求どおり                        
○基礎自治体との連携促進、育成支援室運営の効率化を    
59,054千円
  すすめるとともに、事業費削減につながるよう、継続し    
  て事業手法の見直しをすすめること。            
 (1) 少年サポートセンター運営費            59,054千円                               59,054千円

明細 少年サポートセンター 少年サポートセンター運営費(20100411-00020001)



ここまで本文です。