ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和4年度当初予算通常 > 一般会計  > 肝炎医療費等援助事業費(義務的経費)

令和4年度当初予算(義務的経費) 肝炎医療費等援助事業費(義務的経費)

管理事業名 :疾病対策事業 予算要求課 健康づくり課
事業名 :肝炎医療費等援助事業費(義務的経費)(20082813) 予算計上課 健康推進室
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 予防費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 1 肝炎医療費援助事業                                          【対象となる疾患】                                          
  B型及びC型肝炎患者であって、インターフェロン(                            1 肝炎医療費援助事業                                        
 フリー)治療及び核酸アナログ製剤治療を必要とする肝                            ・B型ウイルス性肝炎、B型代償性肝硬変、B型非代償                          
 炎患者が治療を受けられるよう医療費を助成。                                性肝硬変、C型ウイルス性肝炎、C型代償性肝硬変患者                          
 2 肝がん・重度肝硬変医療費援助事業                                   2 肝がん・重度肝硬変医療費援助事業                                 
  B型、C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬                            ・B型、C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬                          
 変患者の入院医療及び肝がん患者の通院医療について、                            変患者                                                
 3月目以降の高額療養費の限度額を超えた月に係る医療                                                                               
 費を助成。(令和3年4月から助成対象が拡大)                               【助成期間】                                             
開始終了年度                                                申請した日の属する月の初日から1年以内で治療期間に                          
 平成20年度〜                                              即した期間(1、2の事業とも)                                    
根拠法令                                                                                                     
 肝炎対策基本法                                              【助成の対象となる医療】                                       
 肝炎治療特別促進事業実施要綱(厚生労働省)                                1 肝炎医療費援助事業                                        
 大阪府肝炎治療医療費援助事業実施要綱                                    B型及びC型ウイルスの除去を目的として行うインタ                          
 ーフェロン治療、C型ウイルスの除去を目的として行う                          
 インターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎                          
 に対して行われる核酸アナログ製剤治療で、保険適用と                          
 なっているもの。                                           
 2.肝がん・重度肝硬変医療費援助事業                                 
  B型、C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬                          
 変患者の入院医療及び肝がんの通院医療で保険適用とな                          
 っているもの                                             
                                                    
 【実施主体】                                             
  都道府県                                              
                                                    
 【負担割合】                                             
  国庫補助1/2                                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 544,811 272,404 0 0 272,407
要求額 530,115 265,057 0 0 265,058
査定額 530,115 265,057 0 0 265,058

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 疾病対策事業補助金 265,057 265,057

要求額の内訳

査定額の内訳

1 肝炎医療費援助事業費                  514,588千円 要求どおり                         514,588千円
 (1) 医療扶助費                    512,278千円                               512,278千円
 (2) 審査支払手数料                  2,310千円                               2,310千円
2 肝がん・重度肝硬変医療費援助事業費           15,527千円 要求どおり                         15,527千円
 (1) 医療扶助費                    15,468千円                               15,468千円
 (2) 審査支払手数料                  59千円                               59千円

明細 肝炎医療費援助事業費 医療扶助費(20082813-00010001)

明細 肝炎医療費援助事業費 審査支払手数料(20082813-00010009)

明細 肝がん・重度肝硬変医療費援助事業費 審査支払手数料(20082813-03870005)

明細 肝がん・重度肝硬変医療費援助事業費 医療扶助費(20082813-03871028)



ここまで本文です。