令和3年度当初予算(政策的経費) 実践的英語体験活動推進事業費

管理事業名 :国際交流推進事業 予算要求課 国際課
事業名 :実践的英語体験活動推進事業費(20180329) 予算計上課 都市魅力創造局
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 国際交流費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 府内の高校生等を対象に、海外の雰囲気を再現する模擬                            《対象》                                               
 施設等を活用した実践的な英語体験(通称:グローバル                             ・府内所在の高等学校等に在学中の生徒等(先着順)                          
 体験プログラム)を実施。                                         《内容》                                               
 外国人スタッフとの英語だけを使った実践的なプログラ                             ・模擬施設(空港出入国カウンター、旅客機内など)                          
 ムを通じ、インバウンド旅行者など外国人が困っている                              と外国人スタッフを活用した実践的な英語体験                            
 ところを見かけたときに、積極的に声をかけ、学校で身                             ・プログラム中は英語だけを使うことを徹底                              
 につけた英語力を使って案内をすることができるなど、                             ・インバウンド旅行者など外国人が困っているところ                          
 自然に英語で交流を図ることができるコミュニケーショ                              を見かけたときに積極的に声をかけたり、大阪の                           
 ン感覚・能力を育成する。                                           魅力を伝える場面等も想定                                     
 【活動指標】                                             
  ・募集人数 高校生を中心に最大2,000名                             
 【成果指標】                                             
  ・本プログラムの受講により、                                    
   ・海外に対する関心が高まった割合:90%以上                           
   ・英語の習得意欲が高まった割合:90%以上                            

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 7,894 0 0 7,894 0
要求額 7,800 0 0 7,800 0
査定額 7,800 0 0 7,800 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

グローバル人材育成基金繰入金 グローバル人材育成基金繰入金 国際交流推進事業基金繰入金 7,800 7,800

要求額の内訳

査定額の内訳

1 実践的英語体験活動推進事業              
。。
7,800千円                              
要求どおり  ※今後も一般財源による事業執行は認め    
7,800千円
  ない。                          
 (1) 実践的英語体験活動推進事業            7,800千円                               7,800千円

明細 実践的英語体験活動推進事業 実践的英語体験活動推進事業(20180329-00010001)



ここまで本文です。