令和3年度当初予算(政策的経費) 新エネルギー産業電池関連創出事業費

管理事業名 :新エネルギー産業推進事業 予算要求課 産業創造課
事業名 :新エネルギー産業電池関連創出事業費(20170644) 予算計上課 成長産業振興室
款名・項名・目名 :商工労働費 商工業費 商工業振興費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 大阪・関西の電池関連産業(蓄電池、水素・燃料電池等                            【事業内容】                                             
 )のポテンシャルを活かし、府内中小企業等による研究                            蓄電池、水素・燃料電池等の新たな用途(アプリケーシ                          
 開発や実証実験等の取組み支援をすることにより、先進                            ョン)・市場開拓に向けて、商品化が期待できる先進的                          
 的な製品やサービス等の事業化を加速し、2025年大阪・                          な技術や取組みについて、その研究開発・実証経費等の                          
 関西万博に向けた大阪発の新たな事業創出を図る。                              支援を行うことで事業化につなげる。                                  
 新エネルギー産業の進展と密接に関わりを持つAI、IoT                          1 開発支援補助                                           
 、ロボット等第4次産業革命関連ビジネスについても実                             府内企業が取り組む電池(蓄電池、燃料電池等)や電                          
 証実験に係る調整等の支援を通じ、商品化・実用化に向                            池の材料・部材等、あるいは電池を活用した製品等の研                          
 けた課題解決等を後押しし、大阪企業のビジネスチャン                            究開発、試作開発に要する経費を一部補助                                
 スにつなげる。                                              2 実証実験補助                                           
 また、自動運転技術等を搭載した小型電動車両を活用し                             AI、IoTや新エネルギー関連技術の実証実験を府内で                        
 た地域課題の解決に資する新たな移動サービスを実現す                            実施する場合において、運搬費、仮設費、保険料等の経                          
 るため、協議会を開催。                                          費を一部補助                                             
開始終了年度                                                【活動指標】                                             
 平成25年度〜令和 5年度                                        採択企業毎に2回以上/年のフォロー                                  
                                                    
 【成果指標】(採択年度ごとに実績カウント)                              
 製品化1件以上/年をめざす                                      
 (H25実績)2件                                          
 (H26実績)2件                                          
 (H27実績)2件                                          
 (H28事業休止)                                          
 (H29実績)0件                                          
 (H30実績 1件                                          
 (R1実績)0件                                           
                                                    
 【事業の自己評価】                                          
 新エネルギー産業電池関連創出事業の実施にあたっては                          
 、採択企業へのフォロー件数を活動指標に定め、補助事                          
 業終了後も継続的に助言等の支援を行うことで、研究開                          
 発後の製品化に寄与している。                                     
                                                    
 3 河内長野市における自動運転社会実装事業                              
 自動運転走行やオンデマンド運行システムの公道での実                          
 証事業の実施及び実証事業を通じた社会実装に向けた検                          
 証。                                                 
 【活動指標】                                             
 協議会の開催(4回)                                         
                                                    
 【成果指標】                                             
 河内長野市における自動運転技術やオンデマンド運行シ                          
 ステム等を活用したスマートモビリティの社会実装の実                          
 現                                                  

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 32,483 0 0 0 32,483
要求額 31,543 0 0 0 31,543
査定額 31,543 0 0 0 31,543

要求額の内訳

査定額の内訳

1 新エネルギー産業電池関連創出事業            31,221千円 要求どおり                         31,221千円
 (1) 審査会関係                    221千円                               221千円
 (2) 補助金                      31,000千円                               31,000千円
2 未来技術等社会実装事業                 322千円 要求どおり                         322千円
 (1) 未来技術等社会実装事業              322千円                               322千円

明細 新エネルギー産業電池関連創出事業 審査会関係(20170644-00010001)

明細 新エネルギー産業電池関連創出事業 補助金(20170644-00010003)

明細 未来技術等社会実装事業 未来技術等社会実装事業(20170644-02890549)



ここまで本文です。