ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 福祉のまちづくり推進事業費<政策的経費>

令和3年度当初予算(政策的経費) 福祉のまちづくり推進事業費<政策的経費>

管理事業名 :建築指導事業 予算要求課 建築指導室
事業名 :福祉のまちづくり推進事業費<政策的経費>(20170526) 予算計上課 建築指導室
款名・項名・目名 :住宅まちづくり費 住宅まちづくり管理費 建築指導費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  府内の鉄道駅については、一部を除き令和2年度内に                            鉄道駅バリアフリー推進事業                                      
 1ルートのバリアフリー整備が概ね完了する見込みであ                            【活動指標】エレベーター設置補助駅数                                 
 る。さらに、万博の開催を見据え、大阪市中心部の駅に                              R1年度 2駅                                          
 おける乗換ルートのバリアフリー化など、更なるバリア                              R2年度 1駅                                          
 フリー化を促進する。また、それ以外の駅についてもユ                              R3年度 3駅                                          
 ニバーサルデザインの視点に立ち、バリアフリー化を促                                                                               
 進する。                                                 【成果指標】                                             
                                                       令和4年度末までに、1日当たりの平均的な利用客数                          
  バリアフリー情報の公表について、事前にアンケート                            が3千人以上の鉄道駅について、原則全てについて、エ                          
 調査を行い、公表意向のあるホテル等を対象にバリアフ                            レベーター等の設置により1ルート以上のバリアフリー                          
 リー状況の実態調査を行い、条例への適合状況を把握す                            整備を促進する。                                           
 るとともに、その情報をホテル事業者に提供し、バリア                             万博の開催を見据え、大阪市中心部の駅における、乗                          
 フリー情報の公表を促進する。                                       換えルートのバリアフリー化など、更なるバリアフリー                          
 化を促進する。また、それ以外の駅についてもユニバー                          
 サルデザインの視点に立ちバリアフリー整備を促進する                          
 。                                                  
                                                    
 〔3千人以上駅舎の1ルート以上のバリアフリー整備〕                          
   H27年度 91.9%                                      
   H28年度 93.0%                                      
   H29年度 94.0%                                      
   H30年度 95.2%                                      
   R 1年度 96.3%                                      
   R 2年度 97.0%(見込み)                                 
                                                    
 ホテル等におけるバリアフリー情報公表推進事業                             
  条例を改正し、ホテル事業者によるバリアフリー情報                          
 の公表を義務化した。(既設は努力義務)                                
 【活動指標】                                             
 ホテル等のバリアフリー状況の実態調査の件数                              
   R3年度 90件(予定)                                     
                                                    
 【成果指標】                                             
 ホテル事業者によるバリアフリー情報の公表件数                             
 ※ 現時点で実績なし                                         

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 41,303 0 23,000 0 18,303
要求額 38,984 0 22,000 0 16,984
査定額 38,984 0 22,000 0 16,984

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

住宅まちづくり債 住宅まちづくり管理債 建築指導事業債 22,000 22,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 鉄道駅バリアフリー推進事業               16,000千円 要求どおり                         16,000千円
 (1) 鉄道駅バリアフリー推進事業            16,000千円                               16,000千円
2 鉄道駅バリアフリー推進事業(乗換・複         
  数ルート化等)                    
13,423千円 要求どおり                        
                             
13,423千円
 (1) 鉄道駅バリアフリー推進事業(乗換        
    ・複数ルート化等)        
13,423千円                              
                             
13,423千円
3 ホテル等におけるバリアフリー情報公表         
  推進事業                       
9,561千円 要求どおり                        
                             
9,561千円
 (1) ホテル等におけるバリアフリー情報        
    公表推進事業        
9,561千円                              
                             
9,561千円

明細 鉄道駅バリアフリー推進事業 鉄道駅バリアフリー推進事業(20170526-00010001)

明細 鉄道駅バリアフリー推進事業(乗換・複数ルート化等) 鉄道駅バリアフリー推進事業(乗換・複数ルート化等)(20170526-01140234)

明細 ホテル等におけるバリアフリー情報公表推進事業 ホテル等におけるバリアフリー情報公表推進事業(20170526-01160233)



ここまで本文です。