令和3年度当初予算(政策的経費) 母子保健医療推進事業費(政策的経費)

管理事業名 :母子保健事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :母子保健医療推進事業費(政策的経費)(20141152) 予算計上課 保健医療室
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 健康増進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  乳児のいる全ての家庭を訪問し、地域の中で子供が健                            1 乳幼児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん)                           
 やかに育成できる環境を整備し、児童虐待の発生を予防                            生後4か月までの乳児のいる家庭を訪問し、以下の内容                          
 する。                                                  を実施する市町村に対し、支援する。                                  
  また、旧優生保護法に基づき、特定の疾病や障がいを                            @育児に関する不安や悩みの傾聴、相談                                 
 有することを理由に優生手術等を受けた者への一時金に                            A子育て支援に関する情報提供                                     
 ついての相談や請求受付、調査を行うことにより対象者                            B乳児及びその保護者の心身の様子及び養育環境の把握                          
 の支援を行う。                                              C支援が必要な家庭に対する提供サービスの検討、関係                          
  さらに、慢性疾患児や家族は、治療が長期間にわたる                            機関との連絡調整                                           
 ことから身体面、精神面、経済面で困難な状況に置かれ                                                                               
 ている状態ことを踏まえ、児童の健全育成の観点から支                            【補助率】国1/3、都道府県1/3、市町村1/3                           
 援を実施する。                                                                                                 
開始終了年度                                                【活動指標】                                             
 平成26年度〜                                               対象家庭数                                             
根拠法令                                                   令和元年度 64,171件                                     
 1 乳幼児家庭全戸訪問事業                                         令和2年度 62,889件(見込)                                 
 児童福祉法                                                 令和3年度 62,889件(見込)                                 
                                                                                                         
 2 旧優生保護法一時金請求受付・相談等支援事業                              【成果指標】                                             
 旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一                             家庭訪問率                                             
 時金の支給等に関する法律                                          令和元年度 89.5%                                       
                                                       令和2年度 90%(見込)                                     
 3 移行期医療支援体制整備事業                                       令和3年度 90%(見込)                                     
 児童福祉法第19条の22                                                                                            
 平成27年厚生労働省告示第431号                                    【自己評価】                                             
  訪問により、必要な人には母子保健サービス等につな                          
 ぐことで育児の孤立化を防ぎ、児童虐待の発生予防に寄                          
 与している。                                             
                                                    
 2 旧優生保護法一時金請求受付・相談等支援事業                            
 旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた方に対し支給                          
 される一時金の請求に関する相談や請求受付や制度の周                          
 知を行う。                                              
 ?一時金制度の周知・広報                                       
 A相談支援(相談窓口の運営)                                     
 B請求の受付・調査【法定受託事務】                                  
                                                    
 【補助率】国10/10                                        
                                                    
 【活動指標】                                             
 請求受付数                                              
 令和元年度  19件                                         
 令和2年度 100件(見込)                                     
 令和3年度  50件(見込)                                     
                                                    
 開始年度 平成31年度                                        
                                                    
 3 移行期医療支援体制整備事業                                    
  小児期及び成人期を担当する医療従事者間の連携など                          
 支援体制の整備や自身の疾病等の理解を深めるなどの自                          
 律支援を実施するため、移行期医療支援センターを設置                          
 する。                                                
 【活動指標】                                             
  連携会議開催                                            
  令和元年度 3回                                          
  令和2年度 3回(見込み)                                     
  令和3年度 3回(見込み)                                     
                                                    
 (事業実施計画)                                           
  令和元年度〜令和3年度                                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 104,912 7,844 0 0 97,068
要求額 93,195 8,720 0 0 84,475
査定額 93,195 8,720 0 0 84,475

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫負担金 公衆衛生費負担金 母子保健事業負担金 6,748 6,748
健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 母子保健事業補助金 1,972 1,972

要求額の内訳

査定額の内訳

1 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ち         
  ゃん                         
82,502千円 要求どおり                        
                             
82,502千円
 (1) 事業費補助金                   82,502千円                               82,502千円
2 旧優生保護法一時金請求受付・相談等支         
  援事業                        
6,748千円 要求どおり                        
                             
6,748千円
 (1) 事務費                      6,748千円                               6,748千円
3 移行期医療支援体制整備事業               3,945千円 要求どおり                         3,945千円
 (1) 移行期医療支援体制整備事業            3,945千円                               3,945千円

明細 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん 事業費補助金(20141152-00110012)

明細 旧優生保護法一時金請求受付・相談等支援事業 事務費(20141152-00770158)

明細 移行期医療支援体制整備事業 移行期医療支援体制整備事業(20141152-02730520)



ここまで本文です。