令和3年度当初予算(政策的経費) 実業教育充実事業費

管理事業名 :府立高等学校管理運営事業 予算要求課 高等学校課
事業名 :実業教育充実事業費(20140877) 予算計上課 教育振興室
款名・項名・目名 :教育費 高等学校費 学校管理費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 1 将来の大阪の産業を担う技術者として農業高校等の                             老朽化、安全性を考慮し設備を更新するとともに、                           
 生徒を育成するためには、老朽化により精度が低下した                            農業高校等に新たな学びを創出するために、老朽化した                          
 設備や安全性の確保が困難な設備の更新を行う。                               施設・施設を改善する。                                        
 2 教育課程の改善・充実、企業との連携、技術・技能                             また、企業・大学との連携を進め、生徒の企業研修等                          
 研修の推進を図る。                                            、実践的指導を推進する。                                       
 3「6次産業化」を推進できる人材の育成のため、国際                            【成果指標】                                             
 水準の農業生産管理に関する教育を推進する。                                 @整備状況                                             
 4 農芸高校の畜産実習室のほとんどが昭和30年度代後                              R1  設備 1校(実績)                                   
 半から昭和40年代に建てられており、施設の老朽が激し                              R2  設備 3校(予定)                                   
 く、飼育環境の劣化が著しい状況であることなどから、                               R3  設備 2校(予定)                                   
 建て替えを行う。                                              A取組状況                                             
   R1(実績)                                           
   実施校数  工科高校 9校   農業高校 2校                          
   連携事業数 工科高校 33事業 農業高校 13事業                        
   R2(予定)                                           
   実施校数  工科高校 9校   農業高校 2校                          
   連携事業数 工科高校 27事業 農業高校 11事業                        
   R3(予定)                                           
   実施校数  工科高校 9校   農業高校 2校                          
   連携事業数 工科高校 27事業 農業高校 11事業                        
 【自己評価】                                             
  整備目標及び取組目標に対して、一定の取組が出来て                          
  いることから工科高校、農業高校の老朽化した施設・                          
  設備の更新及び企業との連携による技術・技能研修の                          
  推進を図るための支援に寄与している。                                

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 15,100 99 0 0 15,001
要求額 316,852 42,143 221,000 0 53,709
査定額 316,852 42,143 221,000 0 53,709

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

教育費国庫補助金 高等学校費補助金 府立高等学校管理運営事業補助金 42,143 42,143
教育債 高等学校債 府立高等学校管理運営事業債 221,000 221,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 実業教育施設整備費                   6,991千円 要求どおり                         6,991千円
 (1) 一般施設整備費(府単)              6,991千円                               6,991千円
2 実業教育推進費                     7,259千円 要求どおり                         7,259千円
 (1) 企業・大学等連携による実践的技能        
    力育成        
7,259千円                              
                             
7,259千円
3 GAP普及推進事業                   99千円 要求どおり                         99千円
 (1) GAP普及推進事業(国庫)            99千円                               99千円
4 鶏舎建設工事等                    
。。
302,503千円 要求どおり                        
※本事業の整備にあたっては、事業費の精査を行うこと    
302,503千円
  。                            
 (1) 鶏舎建設工事等                  302,503千円                               302,503千円

明細 実業教育施設整備費 一般施設整備費(府単)(20140877-00010003)

明細 実業教育推進費 企業・大学等連携による実践的技能力育成(20140877-00030006)

明細 GAP普及推進事業 GAP普及推進事業(国庫)(20140877-00040007)

明細 鶏舎建設工事等 鶏舎建設工事等(20140877-03250533)



ここまで本文です。