令和3年度当初予算(政策的経費) 児童虐待発生予防対策事業費

管理事業名 :母子保健事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :児童虐待発生予防対策事業費(20111524) 予算計上課 保健医療室
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 健康増進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  望まない妊娠等に悩む人が妊娠早期から相談できる体                            〇妊娠等に悩む人への相談窓口業務委託事業                               
 制を整備し、孤立することなく正確な情報を知り必要な                             大阪府立母子保健総合医療センターに委託し「望まな                          
 支援を受けることにより児童虐待を予防する。                                い妊娠」等妊娠に悩む人向けに、インターネットHP「に                         
  また、医療機関における児童虐待の発生予防、早期発                            んしんSOS」を運営管理し、電話やメールによる相談窓                         
 見の対応能力の強化を図る。                                        口の効果的な事業活動を実施する。                                   
開始終了年度                                                (活動指標)                                             
 平成23年度〜令和 4年度                                         相談実人員数                                            
根拠法令                                                    平成30年度 1,748人                                    
 母子保健法第5条第2項                                            令和元年度 1,555人                                     
 厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知                                     令和2年度 1,500人(見込)                                 
 厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長通知                                令和3年度 1,500人(見込)                                 
 (成果指標)                                             
  飛び込み分娩防止等の切れ目ない支援のため、                             
  関係機関につないだケース                                      
  平成30年度 104件                                       
  令和元年度 162件                                        
  令和2年度 160件(見込)                                    
  令和3年度 160件(見込)                                    
 (自己評価)                                             
  相談実績が一定数あり、関係機関と連携した支援によ                          
 り児童虐待の発生予防に寄与している。                                 
 〇児童虐待防止院内体制整備フォローアップ事業                             
  医療機関は、児童虐待を発見しやすい立場にあり、児                          
 童虐待を疑わせる児童の受診も多いことから、平成29年                         
 度より救急告示医療機関の認定条件に「児童虐待に組織                          
 として対応するための院内体制整備」を要件化し、平成                          
 30年度より運用開始。これにより整備できた院内体制を                         
 、各医療機関が点検・改善し、より実効性の高い児童虐                          
 待防止体制を地域医療全体で整備する。                                 
 (活動指標)                                             
  研修会参加人数                                           
   令和2年度 300人(見込)                                   
  令和3年度 300人(見込)                                 
   令和4年度 300人(見込)                                   
                                                    
 (事業実施計画)                                           
  令和2年度〜令和4年度                                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 8,467 4,233 0 0 4,234
要求額 8,534 4,267 0 0 4,267
査定額 8,534 4,267 0 0 4,267

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 母子保健事業補助金 4,267 4,267

要求額の内訳

査定額の内訳

1 児童虐待の未然防止のための妊娠・出産         
  対策                         
7,698千円 要求どおり                        
                             
7,698千円
  ○国庫補助金の範囲内で執行すること。           
 (1) 相談窓口の運営                  7,698千円                               7,698千円
2 児童虐待発生予防・早期発見事業            
。。
836千円 要求どおり                        
○国庫補助金の範囲内で執行すること。           
836千円
 (1) 児童虐待防止体制整備フォローアッ        
    プ事業        
836千円                              
                             
836千円

明細 児童虐待の未然防止のための妊娠・出産対策 相談窓口の運営(20111524-00010001)

明細 児童虐待発生予防・早期発見事業 児童虐待防止体制整備フォローアップ事業(20111524-00110519)



ここまで本文です。