令和3年度当初予算(最終調整) ダム建設費

管理事業名 :河川砂防事業 予算要求課 河川室
事業名 :ダム建設費(19961964) 予算計上課 河川室
款名・項名・目名 :都市整備費 河川費 河川砂防費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 仮置き節の節割入力に伴う調整(政策的経費)                                1.ダム建設費(公共)                                        
根拠法令                                                  (1)安威川ダム建設事業(公共)                                   
 河川法 水源地域対策特別措置法                                      【事業内容】100年に一度の大雨(時間雨量80ミリ程度)                       
       への対応として、河川改修とあわせて、                           
       ダムの建設を実施する。                                 
 【事業対象】安威川ダム1箇所                                     
 【実施期間】〜令和5年度                                       
 【債務負担(ダム建設(公共))】                                   
  《限度額》1,509,000千円                                  
  《期 間》令和3年度〜令和4年度                                  
  《目 的》・本体関連工事、左岸道路築造工事等とし                          
        て複数工区施工を行うが、これ以上の工                          
        事分割が不可能なため。                                 
 2.ダム建設費(単独)                                        
 (1)安威川ダム建設事業(単独)                                   
 【事業内容】ダム建設による水没地域の関係地区住民に                          
       対する生活再建対策及び地域整備に必要な                          
       事業を実施する。                                     
 【事業対象】安威川ダム1箇所                                    
 【実施期間】〜令和5年度                                       
 【債務負担(ダム建設(単独))】                                   
  《限度額》97,000千円                                     
  《期 間》令和3年度〜令和4年度                                  
  《目 的》安威川ダム下流部において、出水期をさけ                          
       て工事をする必要があるため。                               
                                                    
 【活動指標】                                             
  大阪府の治水対策である「逃げる」「防ぐ」「凌ぐ」                          
 の施策を踏まえたダム建設事業の整備                                  
 安威川ダム建設事業整備進捗率(全体事業費167,600百                       
 万円 R2変更予定)                                         
 R1年度累計出来高 131,731百万円 78.60%                        
 R2年度累計出来高 140,911百万円 84.08%                        
 R3年度累計出来高 150,241百万円 89.64%                        
                                                    
                                                    
 【成果指標】                                             
  河川整備計画に基づき、治水対策のためのダム建設を                          
 実施                                                 
 【事業の自己評価】                                          
  成果指標である安威川ダム建設の進捗を示す活動指標                          
 であり、継続的な事業実施により、目標達成に寄与して                          
 いる。                                                
                                                    
 【部長後調整の要求内容】                                       
  ・特別債の充当に伴う財源調整                                    

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 9,684,282 5,049,000 4,130,000 60,470 444,812
要求額 10,126,000 5,169,450 3,808,000 507,329 641,221
内示額 10,126,000 5,169,450 4,230,000 507,329 219,221
調整要求額(最終) ▲3,000 0 0 0 ▲3,000
査定額 ▲3,000 0 0 0 ▲3,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

都市整備費国庫補助金 河川費補助金 河川砂防事業補助金 0 0
都市整備費負担金 河川費負担金 河川砂防事業負担金 0 0
都市整備受託事業収入 河川受託事業収入 河川砂防事業受託金 0 0
都市整備債 河川債 河川砂防事業債 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業                    ▲3,000 千円 要求どおり                         ▲3,000 千円
 (1) 節割入力後細々事業(準義務)           ▲3,000 千円                               ▲3,000 千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(準義務)(19961964-05020856)



ここまで本文です。