ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 小中学校における日本語指導推進事業費

令和3年度当初予算(部長後調整要求) 小中学校における日本語指導推進事業費

管理事業名 :市町村教育振興事業 予算要求課 小中学校課
事業名 :小中学校における日本語指導推進事業費(20190072) 予算計上課 市町村教育室
款名・項名・目名 :教育費 教育総務費 教育振興費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 日本語指導が必要な児童生徒のうち、十分な日本語指導                            ○日本語指導SV(学校巡回)                                     
 が受けられていない児童生徒が在籍する市町村及び学校                             日本語指導スーパーバイザーを市町村教育委員会及び                          
 への支援を行う。                                             小中学校に派遣し、日本語指導が必要な児童生徒の指導                          
開始終了年度                                                担当者等への助言・支援を行う。                                    
 令和元年度 〜令和 8年度                                                                                           
根拠法令                                                  ○日本語指導支援員(夜間中学)                                    
 日本語教育の推進に関する法律                                        夜間中学(6校)に日本語指導支援員を配置し、在籍                          
 する多くの外国籍生徒が日本語で授業を受けるための日                          
 本語指導への支援を行う。                                       
                                                    
 ○外国人児童生徒支援員                                        
  府域7地区ごとに外国人児童生徒支援員を配置し、外                          
 国人児童生徒の学習面・生活面のさまざまな問題を支援                          
 する。                                                
                                                    
 【部長後調整要求理由】                                        
 非常勤職員の期末手当率及び社会保険料率の改定のため                          

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 49,800 16,598 0 9,134 24,068
要求額 49,715 16,571 0 0 33,144
内示額 19,428 6,476 0 12,952 0
調整要求額(部長後) 10 3 0 7 0
査定額 0 0 0 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 小中学校における日本語指導推進事業費         
。。
10千円                              
○既定経費対応                      
0千円
 (1) サポート体制運営費                10千円                               0千円

明細 小中学校における日本語指導推進事業費 サポート体制運営費(20190072-03630664)



ここまで本文です。