令和3年度当初予算(部長後調整要求) 治山事業費

管理事業名 :森林整備保全事業 予算要求課 みどり推進室
事業名 :治山事業費(19962053) 予算計上課 みどり推進室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 林業費 森林整備保全費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  森林の維持造成を通じて山地災害から府民の生命・財                            1治山事業費                                             
 産を保全するとともに、水源のかん養、生活環境の形成                            (1)国庫補助治山事業工事費                                     
 と保全を図る。                                              (2)国庫補助治山事業費                                       
根拠法令                                                  (3)支弁人件費                                           
 森林法第40条第2項                                           【事業内容】                                             
  府内の保安林における荒廃山地の復旧整備や予防的対                          
 策のための治山ダム設置、水源かん養機能等拡充強化の                          
 ための森林整備などを計画的に実施                                   
 【事業の必要性】                                           
  森林法第40条第2項により、都道府県知事が行うもの                         
 とされており、安全で安心できる豊かな暮らしの実現を                          
 図る上で不可欠の事業である。                                     
 【補助率】                                              
  国庫1/2〜1/3                                         
                                                    
 (4)府単独治山事業費                                        
 (5)府単独治山事業費【災害対応事業費】                               
 【事業内容】                                             
  事業規模が零細等のため国庫補助事業の対象とならな                          
 い荒廃地等について、府単独事業を実施                                 
                                                    
 【活動指標】治山事業実施面積                                     
   R1 年度  113ha(実績)                                 
   R2 年度   100ha(見込)                                
   R3 年度  100ha(予定)                                
                                                    
 【自己評価】                                             
  活動指標である治山事業実施面積は、適正な事業の実                          
 施により概ね達成できた。活動指標の達成度は堅調に推                          
 移しており、引き続き森林の維持造成を通じて山地災害                          
 から府民の生命・財産を保全し、安全・安心な暮らしを                          
 確保する取組みを進める。                                       
                                                    
 【調整要求理由】                                           
  特別債の変更に伴う財源調整                                     
                                                    
 2 治山積算システム関連経費                                     
 【事業内容】                                             
  治山事業の設計積算用システムの維持管理費                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 883,165 305,043 553,000 0 25,122
要求額 858,149 292,306 506,000 0 59,843
内示額 858,149 292,306 506,000 0 59,843
調整要求額(部長後) 0 0 42,000 0 ▲42,000
査定額 0 0 42,000 0 ▲42,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費国庫補助金 林業費補助金 森林整備保全事業補助金 0 0
環境農林水産債 林業債 森林整備保全事業債 42,000 42,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 治山事業費                       0千円 要求どおり                         0千円
 (1) 国庫補助治山事業工事費              0千円                               0千円
 (2) 国庫補助治山事業費                0千円                               0千円
 (3) 府単独治山事業費【災害対応事業費        
    】        
0千円                              
                             
0千円

明細 治山事業費 国庫補助治山事業工事費(19962053-01430585)

明細 治山事業費 国庫補助治山事業費(19962053-01430586)

明細 治山事業費 府単独治山事業費【災害対応事業費】(19962053-01430590)



ここまで本文です。