令和3年度当初予算(部長後調整要求) 家畜伝染病予防費

管理事業名 :家畜保健衛生事業 予算要求課 動物愛護畜産課
事業名 :家畜伝染病予防費(19961770) 予算計上課 動物愛護畜産課
款名・項名・目名 :環境農林水産費 動物愛護畜産業費 家畜保健衛生費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  家畜伝染病予防法に基づき、高病原性鳥インフルエン                            1.家畜伝染病予防事業(国庫対象)                                  
 ザ等の発生及びまん延を防止するため、検査、注射等の                            【目的】国の一部負担により、畜産農家等に対し検査、                          
 防疫措置を実施し、安全な畜産物の供給や府民の安心確                                消毒を計画的に実施することによる法定伝染                           
 保に努める。                                                   病等の予防。                                         
根拠法令                                                  【活動指標】主要な法定伝染病の検査等実施数                              
 家畜伝染病予防法                                                    R1(実績)1,020件                                
        R2(見込)1,150件                                
        R3(予定)1,228件                                
 【成果指標】法定伝染病の発生予防                                   
       R1発生1件、R2発生0件、R3目標0件                         
 2.家畜伝染病等予防事業(府単独)                                  
 【目的】畜産農家等に対し予防注射等を計画的に実施し                          
     法定伝染病等の発生を予防。加えて、動物由来                          
     感染症の発生予防、まん延防止のため積極的な                          
     サーベイランスと検討会議等による動物由来感                          
     染症の防疫体制の連携強化                                   
 【活動指標】予防注射実施頭数                                     
        R1(実績)3,417頭                                
        R2(見込)5,815頭                                
        R3(予定)6,720頭                                
 【成果指標】届出伝染病の発生予防                                   
       R1発生3件、R2発生3件、R3発生目標0件                       
 3.家畜防疫緊急時対策事業                                      
 【目的】高病原性鳥インフルエンザ等の発生に備え、初                          
     動防疫に必要な資材を確保                                   
 【活動指標】防疫資材の確保(更新)実績                                
        R1(実績)防護服340着、炭酸ガスボン                        
             ベ10本、消石灰30袋など                          
        R2(見込)防護服220着、炭酸ガスボン                        
             ベ10本、消石灰30袋など                          
        R3(予定)長靴230足、炭酸ガスボン                         
             ベ10本、消石灰30袋など                          
 【成果指標】必要防疫資材の確保                                    
 【部長後調整理由】                                          
  農林水産省が家畜伝染病予防法第60条に基づく国庫負                         
 担金措置の対象としないことを概算決定段階において決                          
 定したため。                                             

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 14,040 8,223 0 2,169 3,648
要求額 36,681 30,638 0 3,435 2,608
内示額 36,681 30,638 0 3,435 2,608
調整要求額(部長後) ▲22,256 ▲22,256 0 0 0
査定額 ▲22,256 ▲22,256 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費国庫負担金 動物愛護畜産業費負担金 家畜保健衛生事業負担金 ▲22,256 ▲22,256
環境農林水産手数料 動物愛護畜産業手数料 家畜保健衛生事業手数料 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 家畜防疫緊急時対策事業                 ▲22,256 千円 要求どおり                         ▲22,256 千円
 (1) 豚熱防疫緊急対策事業               ▲22,256 千円                               ▲22,256 千円

明細 家畜防疫緊急時対策事業 豚熱防疫緊急対策事業(19961770-00150116)



ここまで本文です。