ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度当初予算部長復活 > 一般会計  > 水と光とみどりのまちづくり推進事業費:宿泊税(一部)

令和3年度当初予算(部長復活要求) 水と光とみどりのまちづくり推進事業費:宿泊税(一部)

管理事業名 :都市魅力創造事業 予算要求課 魅力づくり推進課
事業名 :水と光とみどりのまちづくり推進事業費:宿泊税(一部)(20130391) 予算計上課 都市魅力創造局
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 都市魅力創造費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  大阪府では、これまでと同様に、大阪市・経済界とと                            1 水都大阪コンソーシアム事業負担金                                 
 もに連携し、「水と光の首都大阪」の実現をめざした取                            2 水辺のにぎわい拠点づくり事業                                   
 組みを、府・市・経済界等による公民一体型の組織であ                            3 水辺にぎわい空間づくり事業                                    
 る「水都大阪コンソーシアム」において、引き続き推進                            4 水辺とまちの回遊性向上事業                                    
 する。                                                  5 事務費                                              
  また、水辺の魅力景観づくりや舟運活性化に向けた                             <宿泊税充当事業(一部)>                                      
 環境整備、遊歩道等の緑化など水辺の回遊性の向上な                             【活動指標】                                             
 どを推進する。                                              ・多くのプレイヤーの参画のもとに、水の回廊を中心と                          
開始終了年度                                                した水辺拠点等をつなぐクルーズの開発など、魅力ある                          
 平成25年度〜                                              舟運の創出等                                             
 ・水辺魅力の向上、舟運活性化に資する空間・景観整備                          
 ・多種多様なクルーズの創生に向けた舟運拠点の整備                           
                                                    
 【成果指標】                                             
 (定性的な目標)                                           
 ・水都大阪の「持続的な成長」へ向けた取組みを着実に                          
 推進                                                 
 (数値目標)                                             
 ・インバウンドを含めた来阪観光客数の回復後、舟運利                          
 用者数 100万人                                          
 【自己評価】                                             
 水都大阪の「飛躍」へ向けた取組みを着実に推進するた                          
 め、「多くのプレーヤーの参画のもとに水の回廊を中心                          
 とした水辺拠点等をつなぐクルーズの開発など、魅力あ                          
 る舟運の創出等」「船から見える景色、船が行き交う景                          
 色を意識したアート空間などの整備」を行い、舟運利用                          
 者数増加に寄与している。                                       
 なお、令和2年2月以降の舟運利用者の減少は、新型コ                          
 ロナウイルス感染症拡大の影響によるものである。                            
 【復活要求理由】                                           
 中之島GATEエリアについて、2025大阪・関西万博の                        
 会場である夢洲との輸送手段及び万博会場を訪れた人々                          
 を観光名所に誘客することができる拠点とするため。                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 542,895 0 0 3,679 539,216
要求額 248,753 0 0 3,679 245,074
内示額 248,753 0 0 3,679 245,074
復活要求額(部長) 15,000 0 0 7,500 7,500
査定額 15,000 0 0 7,500 7,500

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

みどりの基金繰入金 みどりの基金繰入金 都市魅力創造事業基金繰入金 0 0
雑入 総務費雑入 都市魅力創造事業雑入 7,500 7,500

要求額の内訳

査定額の内訳

1 水辺にぎわい空間づくり事業              
。。
15,000千円 要求どおり                        
○中之島GATEエリアの整備、運営については、      
15,000千円
  船着場・バスターミナルの整備を含め、民間事業  者    
  が主体となることを基本として検討すること。 〇本事    
  業の部局財源化は認めない。                
 (1) 舟運拠点空間づくり事業(中之島G        
    ATEターミナル整備)        
15,000千円                              
                             
15,000千円

明細 水辺にぎわい空間づくり事業 舟運拠点空間づくり事業(中之島GATEターミナル整備)(20130391-00130668)



ここまで本文です。