ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度当初予算課長後調整 > 一般会計  > ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業費

令和3年度当初予算(課長後調整要求) ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業費

管理事業名 :母子福祉事業 予算要求課 子ども室
事業名 :ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業費(20200116) 予算計上課 子ども室
款名・項名・目名 :福祉費 児童福祉費 母子福祉費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 1.高等職業訓練促進資金貸付                                       1.高等職業訓練促進資金貸付                                     
  高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し                             高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し                          
 、資格の取得を目指すひとり親家庭等の親に対して入学                            、就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭の親に                          
 準備金等を貸し付け、資格の取得・自立の促進を図る。                            対し高等職業訓練促進資金を貸し付ける。                                
                                                                                                         
 2.住宅支援資金貸付                                           (貸付金額)                                             
  母子・父子自立支援プログラムの策定を受け、自立に                            入学準備金:500,000円                                     
 向けて意欲的に取り組んでいる児童扶養手当受給者に対                            就職準備金:200,000円                                     
 し、住居の借り上げに必要となる資金の貸付を行い、就                                                                               
 労又はより稼働所得の高い就労、子どもの高等教育の確                            2.住宅支援資金貸付                                         
 保などに繋げ、自立の促進を図る。                                      母子・父子自立支援プログラムの策定を受け、自立に                          
開始終了年度                                                向けて意欲的に取り組んでいる児童扶養手当受給者に対                          
 平成28年度〜                                              し、住居の借り上げに必要となる資金を貸し付ける。                           
根拠法令                                                                                                     
 母子及び父子並びに寡婦福祉法第30条、31条ほか                             (貸付金額)                                             
 家賃実費(月40,000円上限)×最長12か月=480,000円                   
                                                    
 【課長後調整要求理由】                                        
 国の令和3年度事項要求にて、ひとり親家庭高等職業訓                          
 練促進資金貸付事業に住宅支援資金貸付が新規メニュー                          
 として創設されたため。                                        

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 6,791 0 0 0 6,791
要求額 6,631 0 0 0 6,631
内示額 6,631 0 0 0 6,631
調整要求額(課長後) 4,320 4,320 0 0 0
査定額 4,320 4,320 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

福祉費国庫補助金 児童福祉費補助金 母子福祉事業補助金 4,320 4,320

要求額の内訳

査定額の内訳

1 ひとり親家庭住宅支援資金貸付事業費           4,320千円 要求どおり                         4,320千円
 (1) ひとり親家庭住宅支援資金貸付          
。。
4,320千円                              
 〇国庫補助金の範囲内で執行のこと            
4,320千円

明細 ひとり親家庭住宅支援資金貸付事業費 ひとり親家庭住宅支援資金貸付(20200116-04180713)



ここまで本文です。