令和3年度当初予算(課長後調整要求) 地域少子化対策重点推進事業費

管理事業名 :児童福祉事業 予算要求課 子ども室
事業名 :地域少子化対策重点推進事業費(20160645) 予算計上課 子ども室
款名・項名・目名 :福祉費 児童福祉費 児童福祉推進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 少子化問題に対応するため、結婚、妊娠・出産、子育て                            1.地域少子化対策重点推進事業                                    
 に一貫した「切れ目のない支援」を行うことを目的とす                                                                               
 る。                                                   @ 補助対象:地方自治体が行う少子化対策事業につい                          
開始終了年度                                                  て、優良事例の横展開の取組みを支援する。                             
 平成26年度〜                                                                                                 
 A 国庫補助率:2/3、1/2                                    
                                                    
                                                    
 2.結婚新生活支援事業                                        
                                                    
 @ 補助対象:結婚に伴う経済的負担を軽減するため、                          
   地方自治体が行う結婚新生活支援事業を支援する。                          
                                                    
 A 補助率:1/3(都道府県が主導するモデル事業                           
   の場合)、1/2                                         
                                                    
 【課長後調整要求理由】                                        
  国庫支出金の補助率変更等に伴う市町村見込額の減                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 42,250 42,250 0 0 0
要求額 375,906 375,906 0 0 0
内示額 375,906 375,906 0 0 0
調整要求額(課長後) ▲313,546 ▲313,546 0 0 0
査定額 ▲313,546 ▲313,546 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

福祉費国庫補助金 児童福祉費補助金 児童福祉事業補助金 ▲313,546 ▲313,546

要求額の内訳

査定額の内訳

1 地域少子化対策重点推進事業               ▲313,546 千円 要求どおり                         ▲313,546 千円
 (1) 地域少子化対策重点推進事業【市町        
    村】        
▲313,546 千円                              
                             
▲313,546 千円

明細 地域少子化対策重点推進事業 地域少子化対策重点推進事業【市町村】(20160645-00010001)



ここまで本文です。