令和3年度当初予算(経常的経費) 市民公益税制指定審査会等事業費

管理事業名 :ボランティア・NPO施策推進事業 予算要求課 男女参画・府民協働課
事業名 :市民公益税制指定審査会等事業費(20140354) 予算計上課 男女参画・府民協働課
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 府民文化総務費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  地方税法第37条の2第1項第3号及び第4号に係る                            1.市民公益税制の運用に係る事務                                   
 条例を制定し、市民公益税制を運用する。また、対象法                            2.3号条例の対象となる団体(社会福祉法人、学校法                          
 人には、制度の説明会を実施し、広報・周知を図る。                             人、公益社団・財団法人、認定NPO法人等)の指定に                          
  なお、4号条例の法人の指定に関しては、条例指定審                            係る事務                                               
 議会を設置し、第三者機関の専門的な見地から審議を行                            3.4号条例の対象となる特定非営利活動法人の指定に                          
 う。                                                   係る事務                                               
  ○条例指定審議会の開催                                       
 【事業手法の妥当性】                                         
  地方税法及び条例に基づき、特定非営利活動法人を指                          
 定する事務を実施する。制度周知を図るため府民・法人                          
 等に対して広報・周知を行う。法人の指定に当たっては                          
 、法人事務所において、現地で確認を行うとともに、審                          
 議会を実施する。審議会については、客観性と公正性を                          
 担保しうる審議態勢のもと厳正に審議を行う。                              
  当該予算は、使用目的及び要求額ともに必要最小限度                          
 の要求であり、妥当であると考える。                                  
 【活動指標】                                             
  4号条例指定 平成27〜30年度実績 6法人                            
         平成元年度実績   1法人                              
         平成2年度見込   0法人                              
         令和3年度見込   2法人                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 286 0 0 0 286
要求額 187 0 0 0 187
査定額 187 0 0 0 187

要求額の内訳

査定額の内訳

1 条例指定審議会等                    187千円 要求どおり                         187千円
 (1) 運営等経費                    187千円                               187千円

明細 条例指定審議会等 運営等経費(20140354-00020001)



ここまで本文です。